FC2ブログ

感動の蒸気機関車 Photo Blog

蒸気機関車と写真雑記のフォトブログ♪               フォトエッセイ集『蒸気機関車を撮るということ』 2,200円(税込) 書泉グランデ・6F 鉄道フロア(東京・神保町)にて販売中です😊

2021.01.03.Sun

重連×アンチクライマックス #042

oneshot_2021_42.jpg
釧網線 C11171+C11207 画像クリック拡大

 写真の「決定的瞬間」とはなんだろうか?
それは、撮影者または鑑賞者が認めることなのだろう。
1コマのみ、最高の瞬間を表現できた時なのだろうし、
2コマ以上、それぞれ違った趣きの瞬間を捉えた時もある。

 鉄道写真は、きちっと車両が画角に収まった定番の写真が
誰もが認める決定的な瞬間と言えるのだろう。
シャッターポイントで撮ったクライマックスな写真である。
クライマックス(保守)な写真も素晴らしいが、私がいつも
注目しているのが、シャッターポイントの前後で撮った写真
である。こちらはアンチクライマックス(革新)の写真である。
機関車の一部を切り取った変則的なフレームアウトの写真。
通過後、頭上に舞い上がる機関車の煙だけを捉えた写真など。
アンチクライマックスの写真は、既視感がないので鑑賞者の
想像を膨らませる。刺激的で個性的でドラマチックである。
連続撮影でクライマックスとアンチクライマックスの両方を
射止めることができたのなら、その撮影は大成功だと思う。

2021.01.01.Fri

新しい出発☆2021

2021_01.jpg
 真岡鐡道 画像クリック拡大

 2021☆NEW START,NEW HOPES,NEW DREAMS.

 新しい年が素晴らしい一年でありますように
 本年もどうぞよろしくお願い致します
2020.12.28.Mon

2020年 回想

 2020年が終わろうとしています。
今年はコロナ禍で多大な悪影響を受けてしまいました。
就労や経済基盤の先行きに不安を感じる日々が続いています。
一年前、こんなことになるとは思ってもみませんでした。

 撮影旅も大幅に減り、年間出動日数は9日(2018年と同じ)。
1月、2月、真岡に3回出動後、8ヶ月以上も撮影旅を自粛・・・。
10~12月、磐西へGo toキャンペーンを利用した撮影旅を3回。
特に磐越西線の撮影旅は、久し振りのカメラ操作に一抹の不安を
感じましたが、上手く使いこなせたのでホッとしました。
コロナ禍でも、蒸気機関車の勇姿をたくさん魅せてくれたこと。
運行された関係各位の方々に感謝したいと思っています。

 また、2020年は、写真展(個展)を開催しませんでした。
元々、オリンピックの開催年だったので、計画してませんでした。
来年以降の開催は、今のところ未定です。

 来年は、今後の方向性を決めていく正念場の年になります。
ダウンサイジングをしながら、撮影旅を楽しんでいければと
思っています。

 今年も当ブログを閲覧して頂きありがとうございました。
良いお年をお迎え下さい。

2020_39.jpg
真岡鐡道 画像クリック拡大

 | HOME |  OLD »