感動の蒸気機関車 Photo Blog

◆公募写真展「ことしのさくら」☆鉄道写真を一点出展しております。 会期:5/30(火)~6/4(日)12:00~19:00(最終日16時迄) 場所:Roonee 247 Fine Arts [Room2] 中央区日本橋小伝馬町17-9 さとうビルB館4F TEL:03-6661-2276 ぜひ、ご覧ください。

2013.12.18.Wed

最期の現役蒸気機関車 FINAL+完結

75lastrun_32.jpg
 夕張線(現:石勝線) 紅葉山(新夕張) D51241 1975/12/20
 アサヒペンタックスSPF 50ミリF1.4

 2013☆Christmas Eve.

 今年もクリスマス・イヴを迎えます。
この時期になると毎年、1975年12月24日を回想します。
現役の蒸気機関車が本線上から幻のように消え去った日。
強く、深く、長く記憶に残る現役蒸気機関車の最期の日。
北海道の夕張線・追分~夕張。アンカーを務めたD51241。

 そんな歴史的な日の数日前から現地で撮影できたこと。
高校2年生が終業式を欠席して、一人で北へ旅立つなんて。
「行かなかったら後悔する」「もう二度と撮れなくなるから」
だから睡眠不足で体調不良でも無理をして北へ向った・・・。

 あれから、38年の年月が経過・・・。
 
1975/12/24-----------------2013/12/24-------------------∞

 今、蒸気機関車を撮るのは、38年前の経験と想いがあるから。
「貴重な経験」はパワーを生み、「あくなき感動」を引き寄せる。
蒸気機関車は、僕の感情をプラスに動かす最高の生きものなのです。
 
 
 Merry Christmas Eve to
D51241,D51465,D51603,D51916,D511086,39679,49648,79602♪
 
 
 the last episode of X'mas Eve☆最期の現役蒸気機関車/完結

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪ 
2012.12.19.Wed

最期の現役蒸気機関車 FINAL+追想

75lastrun_31.jpg
栄光のD51603 夕張線(石勝線) 滝ノ上 1975/12/23

 2012☆Christmas Eve. 
クリスマスが近づいてくると毎年思い出してしまう最期の現役
蒸気機関車。もう公開できる写真もほとんど無くなり、昨年で
ファイナルを迎えたコンテンツ。
それでも残りの写真を少しでも紹介できればと思い、今年も
追想の一枚を・・・。

 最期の現役蒸気機関車。
1975年12月20日~24日。
北海道の夕張線・追分~夕張。
5日間のラストの現役蒸機撮影。
白銀の風景をゆくデゴイチたち。
最後まで残った5両の勇者たち。
D51241,D51465,D51603,D51916,D511086.
僕は必死に彼らにカメラを向けた。
その勇姿に身震いするほど魅了された。
本当にこれが最期なのだと思った。
今でも忘れない5日間の撮影の旅。
僕は高校二年生だった。
 
 あれから、37年の時が経過・・・。
  
 Merry Christmas Eve to
D51241,D51465,D51603,D51916,D511086,
39679,49648,79602♪

にほんブログ村 鉄道ブログSL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪
2011.12.24.Sat

最期の現役蒸気機関車 FINAL

75lastrun_30.jpg
夕張線(石勝線) 紅葉山(新夕張)  1975/12/24/08:02 
最期の朝、白煙を上げて樹氷のなかをゆくD51465の雄姿・・・。 
アサヒペンタックスSPF 50ミリF1.4

 Merry Christmas Eve to
D51241,D51465,D51603,D51916,D511086,39679,49648,
79602 !

1975/12/24------------------2011/12/24-------------------∞

 36年という年月を迎えた今日。
最期の現役蒸気機関車への想いは生き続ける・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪
2011.12.18.Sun

最期の現役蒸気機関車 Part 4

75lastrun_21.jpg
川端−滝ノ上  D511086 1975/12/23

 2011☆Christmas Eve。
3.11大震災の影響を受けて、誰もがいつもと違った想いで迎えます。
絆、つながり、思いやり、危機管理、当たり前の日常生活のなかの
幸福・・・。

 「X'mas Eve☆最期の現役蒸気機関車」のシリーズもPart4です。
この連載も今回のPart4で最後のラストランになります。 

 現役蒸機終焉から36年が経過した2011年12月。
今年もまた、あの時の情景を思い返しています・・・。
決して消えることはない「最期の現役蒸気機関車」への想い。
 
 高校生だった1975年12月。
厳寒の北海道で最期の蒸気機関車を無我夢中になって撮影した経験。
当時の撮影日記には、去りゆく蒸機への想いが綴られています・・・。
(以下、撮影日記より抜粋)

75lastrun_22.jpg
紅葉山 待合室にはSL貨物列車の時刻表があった。
1975/12/20

○1975年12月18日
・期末試験があと世界史、数学で終了である。
いよいよ明日の16時発「はつかり5号」で北国・北海道のSL撮影旅行
が始まる・・・。
・今回も一人旅であるので、不安と期待との入り混じった気持ちで一杯
である。

○1975年12月19日
・ようやく今日で期末試験が終わる。体の調子があまり良くない。
しかし、SLも25日までだし、あまり無理をしなで撮影することにしよう。
・(高校のクラスメイト)N君とK君が(上野駅に)見送りに来てくれた。
「はつかり5号」発車!

75lastrun_23.jpg
沼ノ沢−南清水沢  D51465  1975/12/22

○1975年12月20日
・青函連絡船に乗船する。あと8時間でSLと会えるわけだ!
注意して撮影しよう!体の調子も早く良くなって欲しいのだが・・・。
・「おおぞら1号」で苫小牧へ向かった。SLマニアがかなりいた。
やはり、SLは夕張線のみしか運行していなかった。
室蘭本線のSLは、今や一列車の貨物も動いていないようだ。
夕張線のSLは24日で消えるということである。
・今日は大学生の人と知り合い、紅葉山での撮影を一緒に行動した。
最初にみたSLは、9600だったが、D51はギースルエジェクタのD51241
であった。

75lastrun_24.jpg
沼ノ沢−南清水沢 D51603 1975/12/24

○1975年12月21日
・午前7:00頃に旅館を出て、紅葉山へ向かう。
8:02発のD51241を給水塔を入れて撮影する。SLマニアが沢山いた。
・川端付近の鉄橋で2本撮影。それとカーブの地点、真上からの撮影
をした。
今日は計5本のSL列車を撮影する。D51241,D51916の2両しか運行
していないようだ。
他のSLとも会いたいのだが・・・。

75lastrun_25.jpg
紅葉山 D511086 1975/12/24

○1975年12月22日
・5797レの貨物は沼ノ沢から清水沢寄りに歩いたカーブで狙った。
カマはD51603で、なんと滝川区のSLだった。きっと追分機関区に
転属してきたのであろう。苗穂工場で最後に検査されたカマだけ
あって、ひと際きれいだった。
この写真は、ぜひとも決まって欲しいのだが、はたしてバッチリ
うまく写っているだろうか・・・。
・SLが貨物を引く列車もあと2日間で廃止になる。
9600の入れ換えは、しばらくは運転するそうであるが・・・。
明日はぜひとも晴れてほしい。
竜仙峡やその奥の鉄橋を渡るSLを撮影したいものだ。

75lastrun_26.jpg
沼ノ沢−南清水沢 D51603 1975/12/22

○1975年12月23日
・滝ノ上から4キロほど歩いて中間地点の橋を渡るSLを撮影した。
とても寒かった。今日は一番疲れた感じだった。
・40分近く歩いて滝ノ上に戻り、カップヌードルを食べた。
・これから札幌に向い、長万部へ行き、苫小牧から追分に向かい、
(明日)最後のSL撮影をする予定である。

75lastrun_27.jpg
紅葉山 D51916 1975/12/20

○1975年12月24日
・「すずらん4号」で苫小牧で乗り越え、5:03発のDCで滝ノ上へ
向かった。
・今日は学校の終業式。とうとう休むはめになった。
・7:36発のDCで紅葉山に向かい、8:02発のSL、D51465を撮影。
ギリギリで(俯瞰できる)仮設小屋からの撮影。これで1791レを
2本撮影できた。
・厳しい寒さの中で、こうして最後のSL撮影は終わり遂げた。
24日、6788レの21:30終着のSLが我が国のSLによる最終列車と
なったのである。思えば、北海道のSL撮影旅行も回を重ねて4回目
であった。5日間の撮影したフィルム、はたしてバッチリと写っている
だろうか?心配である。(追分駅待合室にて)

75lastrun_28.jpg
沼ノ沢 D51465 1975/12/24

○1975年12月25日
・「おおぞら3号」函館到着。今、青函連絡船内である。
・今回のSL撮影旅行はまことに幸運だった。
SLには数両しか会えなかったが、体の調子も悪かったが・・・。
D51は、241,465,603,916,1086の5両。9600は番号が分からないが、
2両だと思う。
・出発前、体の調子が悪かったが、SLに会ったせいか、どうやら今日
まで持ちこたえる
ことができた。
・もうSLと二度と会うことがないマニアにとって、夕張線のSL最後の日、
24日は忘れることのできない日であろう・・・。

75lastrun_29.jpg
紅葉山駅にて 1975/12/20

使用カメラ/レンズ: アサヒペンタックスSPF 50ミリF1.4 、200ミリF4

 2011年12月24日。家族と一緒に過ごすクリスマスイブの夜。
最期の現役蒸機を回想しながら、現代の蒸機の煙を追う。
蒸機への想いは、今も昔も変わらない・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪
2010.12.22.Wed

最期の現役蒸気機関車 Part 3

75lastrun_15.jpg
紅葉山 1975/12/23

 2010☆Christmas Eve。
現役蒸機の最期を見届けた一人として、毎年クリスマスイブは回想の日。

 1975☆Christmas Eve(12月24日)
夕張線(現:石勝線)で貨物を牽引したD51241がラストランナーを務め、
本線上から全ての蒸機が消えた。C57135牽引の旅客最終から10日目
だった。

 あれから35年の年月が経過した。
今年(2010年)のクリスマスイブは、当時のことを追想しながら蒸機の
撮影に挑んでいることだろう。35年後のイブに煙を追っているという
感慨・・・。

 現役最期の蒸機撮影は、現代の蒸機撮影の原点である。
この原点があるからこそ、私の蒸機への熱い想いは消えない・・・。

Merry Christmas to D51241,D51465,D51603,D51916,D511086,
49648 !

75lastrun_16.jpg

75lastrun_17.jpg
川端−滝ノ上  D511086  1975/12/23

75lastrun_18.jpg
紅葉山 D51241  1975/12/20

75lastrun_20.jpg
追分 現役蒸機ラストの撮影  1975/12/24

カメラ/レンズ:アサヒペンタックスSPF 50ミリF1.4 、200ミリF4
フィルム:モノクロフィルム(ネオパンSSS)
2009.12.24.Thu

最期の現役蒸気機関車 Part 2

75lastrun_08.jpg
紅葉山 D51241牽引 1975/12/20

 2009☆Christmas Eve。
クリスマスイブは、国鉄現役SL牽引貨物列車の惜別の日、そして
追憶の日。毎年この時期になると、1975年12月20日~24日、
北海道の夕張線(現:石勝線)で最期の現役蒸気機関車を撮影した
ことを回想します。

 当時、高校生だった私は期末試験を終えた日に列車で北海道へ。
旅の途上、室蘭本線の列車から見えた光景は、無煙化された無常の
世界だった。最後に残った数両の蒸気機関車の命は、あと数日限りで
あるという現実・・・。
だからこそ、夢中にデゴイチを追い駆けて、夢中にシャッターを切った。
厳寒の銀世界を、重いリュックを背負いながら撮影地まで進んで行った。

 1975/12/24・・・2009/12/24という年月の経過。34年という
時の流れ。最期の現役蒸機を撮った経験は、現代の蒸機を撮る原動力
になっている。

 34年前の最期の現役蒸気機関車たちに、Merry Christmas Eve!

 A Merry Christmas to D51241,D51465,D51603,D51916,D511086,
 49648 !

75lastrun_09.jpg
川端−滝ノ上 1975/12/21

75lastrun_10.jpg

75lastrun_11.jpg
紅葉山−沼ノ沢 D51916牽引 1975/12/22/15:58

75lastrun_12.jpg
川端−滝ノ上 1975/12/23

75lastrun_13.jpg
追分 49648 1975/12/20

75lastrun_14.jpg
沼ノ沢−南清水沢 D51465 1975/12/22

使用カメラ/レンズ:アサヒペンタックスSPF 50ミリF1.4 、200ミリF4
             YASHICA ministerⅡ(ヤシカ35ミニスターⅡ) 
使用フィルム:モノクロフィルム(ネオパンSSS)
2006.12.24.Sun

最期の現役蒸気機関車

75lastrun_01.jpg
最期の朝を迎える・・・。紅葉山  D51465牽引 1975/12/24/08:02  

 今年もChristmas Eveを迎えました。
街中のイルミネーション、ケーキやプレゼントを求める人達で賑わうお店。
そんなクリスマスシーンを見ながら、毎年、心によぎることがあります。
それは、12/24を最後に現役の蒸気機関車が北海道の夕張線(現:石勝線)で
運転を終えたこと。

1975年12月24日、最後まで生き残ったデゴイチたち。
D51241,D51465,D51603,D51916,D511086が、白銀のなかで鉄路の
任務を終えたのである。
この歴史的な日、無我夢中にデゴイチを追いかけた高校生の自分がいた。

あれから、31年(2006年現在)。
時の流れを経た今でも忘れることのない情景と記憶。
ほんの僅かな現役蒸機との接点があったからこそ、今の蒸機への想いがある。

24日の夜は、家族とローストチキンを食べて、スパークリングワインで祝杯!

そして、最期の現役蒸機のデゴイチたちに、Merry Christmas!

75lastrun_02.jpg
川端−滝ノ上 D51916牽引 1975/12/21 

75lastrun_03.jpg
紅葉山 1975/12/23

75lastrun_04.jpg
沼ノ沢 D51603牽引 1975/12/24 

75lastrun_05.jpg

75lastrun_06.jpg
下りラストラン 紅葉山 D51241牽引 1975/12/24 

75lastrun_07.jpg
高校二年生だった・・・。 紅葉山 1975/12/20  

使用カメラ/レンズ: アサヒペンタックスSPF 50ミリF1.4 、200ミリF4

 | HOME |