FC2ブログ

感動の蒸気機関車 Photo Blog

【好評発売中】フォトエッセイ集 『蒸気機関車を撮るということ』  (玉村雅美 著)2,160円(税込)ぜひ、ご購入・ご一読下さいませ!

・雑記帳

OLD »
2019.05.18.Sat

7月に写真展(個展)を開催します

2019_30.jpg

 下記のとおり、7月下旬に写真展を開催いたします。
今回の個展(8回目)は、オリジナルのフォトフレームを使用して、
今までにない斬新な展示空間を創り上げていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

   *   *   *   *   *   *   *   *

◆写真展 概要

玉村雅美 写真展 「蒸気機関車を撮るということ」

期間:2019年7月24日(水)~28日(日)
時間:11:00〜19:00(日曜日のみ17:00まで)
場所:ピクトリコ ショップ&ギャラリー表参道
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-14-5 Cabina表参道1F
TEL:03-6447-5440
URL: https://www.pictorico.jp/shop/

内容:四半世紀にわたり日本の蒸気機関車を撮り続けている作者の写真展。
  季節と人々の温もりの中で煌めく蒸気機関車の情景を独自の眼差しで
  捉えた写真作品に、心を動かす写真を生み出すための撮影姿勢や、
  自分らしく打ち込むことを伝えるメッセージを添えた情感溢れる展示
  空間。フォトエッセイ集『蒸気機関車を撮るということ』(2018/12
  出版・販売中)からの抜粋に新作を加えて21点展示。  
2019.05.05.Sun

書店で展示販売中です♪

書泉グランデ6F(神保町) (@ shosengnd_RW)で展示販売もしております😊
2019.05.02.Thu

令和 初撮り

2019_28.jpg
真岡鐡道 2019/05/01

 5/1、新元号「令和」のヘッドマークと日章旗を掲出したSLを
撮影するため、1ヵ月ぶりに真岡鐡道へ行ってきました。

 今回のミッションは、撮影日が新元号始動の5月1日であること。
日章旗×「令和」のヘッドマークの勇姿を捉えることでした。

 当日の天気予報が降水確率50%でも、曇り空を予測して出動。
期待していたヘッドマークは、青色をバックに金色で「令和」の
文字が入ったシンプルなデザイン。「寝台特急平和」のデザイン
をモチーフにしたとのことです。「平和」の願いを込めた「令和」
ということで、とても良いと思います。

 撮影は、往復路とも好天に恵まれて一定の成果を得ることが
できました。欲を言えば、往路のC11325の煙がモクモクならば。

 撮影はもちろん、真岡沿線の春花や水入れした水田の風景を
見ながらの乗り鉄・徒歩鉄の旅を存分に堪能できました。
2019.04.30.Tue

時代の節目

 2019年4月30日、「平成」最後の日。雨で繋ぐ令和。
昭和64年・平成1年(1989)→平成31年・令和1年(2019)
この30年間の人生を振り返る機会を与えてくれています。
公私ともに色々なことがあった平成という時代・・・。

 2019年5月1日から「令和」の時代へ。
日常生活において西暦で振り返ることが多くても、新元号
への変更(改元)は、やはり時代の節目です。
改元されて、どんな時代になるのか全く分かりませんが、
少しでも良い社会になってくれることを祈るばかりです。


2010/05/01 9年前の5月1日
2019.04.21.Sun

2019GW

 平成から令和に変わるGWが近づいてきました。
今年は10連休で、良いこと、不便なことが話題に上がっています。
GWは、交通費・宿泊費が一番高く、行楽地は大混雑で疲れます。

 GWは近場でアウトドアを楽しんだり、自宅でのんびり過ごす。
今年もインドアと関東圏内でのアウトドアを存分に楽しみたいと
思っています。撮影は一日ぐらいでしょうか?

 さて、7月下旬に蒸気機関車の写真展(個展)を開催します。
先に出版したフォトエッセイ集『蒸気機関車を撮るということ』
の写真展です。詳細は、5月になりましたらお知らせいたします。
よろしくお願いいたします。

2019_26.jpg
信越線
2019.04.02.Tue

4月、桜の季節と新元号発表

 4月、東京の桜が満開になり、1日に新元号が発表されました。
5月1日から「令和元年」へ。時代の変化をひしひしと感じます。
「令」は、「神の言葉、お告げ、清い、美しい」の意味がある
そうです。予想外の新元号は、季節感や優しさも感じます。

 さて、今春の「青春18きっぷ」も残り1回分になりました。
今週末に桜狙いで撮影に出かけます。以前より、出撃回数が減って
きていますが、自分にとって無理のないペースだと思っています。
少ない出撃回数でも、満足できる写真が一枚でも撮れればOKです・・・。

2019_24.jpg
大井川鐡道

 | HOME |  OLD »