感動の蒸気機関車 Photo Blog

蒸気機関車と写真雑記のフォトブログ

・一枚の写真/One-shot

2018.02.10.Sat

時空(とき)を感じよう! #003

oneshot_2018_03.jpg
信越線 2015/12/23

 終着駅で憩うD51498の息遣い、煙の匂い、ボイラーの熱気・・・。
生きているデゴイチの息吹を間近で感じながらスナップ撮りする。
ハイテク社会でもローテクの機能美と人間味を体感できる幸せ感。

 デゴイチのキャブ(運転室)の窓ガラスに映り込むデゴイチの顔。
のぼり旗のデゴイチの姿態とナンバープレートを絡めた絵を創る。
時空(とき)を感じながら、想いを込めて何度もシャッターを切った。
2018.01.30.Tue

聖地の煙 #002

oneshot_2018_02.jpg
釧網本線 2007/01/20

 釧網本線「SL冬の湿原号」の川湯温泉までの延長運転。
毎年多くのファンが訪れた美留和~川湯温泉の聖地・石山。
この日は、手前の踏切付近で300ミリのレンズで正面を狙った。
斜光線を浴びながら猛烈に煙を上げて邁進するC11171号機。
純白の雪とカーブする線路が織りなす舞台に迫る黒光の煙。
輝く煙と息をのむような迫力に興奮しながらシャッターを押す。
こんな感動のシーンに出会えるから遠路はるばる通い詰める。
10年前に心を射抜かれた情景を想う・・・。

 今年(2018年)も「SL冬の湿原号」の運転が始まった。
以前よりも北海道の鉄道の活気がなくなり、寂しく感じる今日。
「SL冬の湿原号」だけは今後も残して欲しい。

2018.01.13.Sat

残雪の風景 #001 

oneshot_2018_01.jpg
磐越西線 2017/12/02

 2017年12月、磐越西線の「SLクリスマストレイン」
千草ロールがたくさん転がっている田圃に微かに注ぐ残照。
築堤の残雪と田圃の雪解け水。千草ロールが織りなす構成美。

カメラは2台使用。横位置と縦位置どちらも納得のいくまで
何度もシュミレーションする。三脚にはカメラ1台をセット。
もう1台のカメラは手持ちで撮った。

 貴婦人(C57180)は、白煙を棚引かせて築堤を駆けて行った。
残雪×千草ロール×棚引く白煙。この一枚が撮れたことに感謝!

 | HOME |