感動の蒸気機関車 Photo Blog

蒸気機関車と写真雑記のフォトブログ

2006.02.26.Sun

グラフィティ☆蒸気機関車 no.6

graffiti_06.jpg

 SL写真☆感動イズム

 今日も蒸気機関車の写真を撮る。
機関車が放つ生きた鼓動、躍動感、郷愁、旅情・・・に魅せられて。

 加速化するハイテク、デジタル社会に対峙した異彩の被写体。
様々な制約のあるなかで、現代を生きる蒸気機関車を自分の視点で
捉える醍醐味。機関車の機能美、汽笛、ブラスト、煙のにおい。
撮影時の期待と高揚感・・・。
そんな環境から得られる会心の一枚だから、感慨もひとしおである。

 傑作は、そう簡単に撮らせてくれない。
だからこそ、運を引き寄せ、想いを込めたカメラアイを通して何度も
蒸気機関車と向かいあう。

 私の蒸気機関車を撮る旅は、感動と心のhealingを求めて続いてゆく・・・。
                                            
(2013/03改訂)
2006.02.19.Sun

撮影スタイル♪

060219.jpg

 先日の冬の磐西の成果を5点ほどアップしてみました。
今回は猫の目のように変わる天候にやられたという感じです。
満足度60%というところでしょうか。
宿題もしっかり増えました♪

 ところで最近の撮影は、高所からの俯瞰は程ほどになりました。
感動蒸機☆グラフィティで、「俯瞰撮影の虜」と謳っておきながら。
俯瞰=風景写真は、蒸機の存在感をアピールできる場所であること。
そんなベストポイントは数少ないなので、無理して俯瞰はしません。
全般的に蒸機のディテール、息吹を重視した作品創りにシフトしてます
2006.02.14.Tue

グラフィティ☆蒸気機関車 no.5

graffiti_05.jpg

 音楽とイメージ創り♪

 私が日頃やっていること。
それは作品のイメージ創り(imaging)です。
次の撮影では、あの撮影地で、このレンズを使って、こんな絵を。
そんなイメージ創りに欠かせないのが「音楽」なのです♪
もっぱらヒーリング系てすが、enyaの曲がメインです。
最近のお気に入りは、enya「Amarantine」。

お気に入りの音楽をBGMにイメージ創りをする。
すると自然に気分が高揚しきて心を癒してくれます。
フォトジェニック(photogenic)にアーティスティック(artistic)に!

Steam Photo's artistic!

とはいうものの・・・、
撮影現場では中々イメージ通りにならないのが常。
悲喜交々だからこそ、撮影の醍醐味、感動が生まれるのでしょう。
惜敗に終わっても、「音楽」は次回への士気高揚、指南役になって
くれます♪

「音楽」は撮影前も撮影後も、僕のベストパートナーです。
                                               
(2013/03改訂)
2006.02.14.Tue

冬の磐西に出撃♪

060214.jpg
 
 2/10,11,12の3日間、恒例の冬の磐西電化に参戦しました。
10日は晴天、本運転初日は、曇り~降雪中心の天候。
最終日も、一時晴れ、曇り~地吹雪で撮影は悪戦苦闘(泣)
沿線の定番ポイントではどこもカメラマンで大賑わいでした。
今年はHMの掲出なしで、自然なデゴイチの姿を撮影できましたが、
撮影条件が悪くて撃沈カット多数量産でした(苦笑)

現他では顔馴染みの方々ともお会いできて何よりでした♪

 | HOME |