感動の蒸気機関車 Photo Blog

蒸気機関車と写真雑記のフォトブログ

2007.10.20.Sat

PENTAX SQUARE☆スクリーン&CCDの清掃

071020.jpg
PENTAX SQUARE

 10/20、息子と一緒に新宿新都心にあるペンタックススクエアに
行ってきました。三井ビルから新宿センタービル中地下1階に移転
してから初めての訪問でした。
目的は、中判645NIIとK10Dのフォーカシングスクリーンの清掃と
CCDのクリーニング。

 写真展を見たり、カメラやレンズを触ったりして待つこと一時間。
2台のカメラは綺麗にクリーニングされてきました。
ゴミのないスッキリしたファインダーは気持ちのいいものです。
やはり、定期的にクリーニングはすべきだと再認識しました。
手数料は、645NIIが315円。K10Dが保障期間内なので無料でした。
2007.10.14.Sun

祝!鉄道博物館開業

071014.jpg
新たなステージへ

 1872年10月14日、日本で初めて鉄道が新橋・横浜間に開通しました。
それから135年。鉄道はさまざまな人に支えられ、暮らしや産業、
新しい技術と手を携えて発展してきました。

 本日10月14日「鉄道の日」に、JR東日本設立20周年記念として、
鉄道博物館が開業します。

 鉄道の歴史が日本の近代化とともにあったことを心に刻み、駅と
鉄道ネットワークからはじまる新たなフロンティアを私たちは切り拓いて
いきます。地域や社会とともに、輝ける未来の創造に向け、夢と希望を
のせて走り続けます。
                                
(日本経済新聞 10/14、JR東日本 全面広告より)                      

 10/14は「鉄道の日」。
鉄道ファン、蒸機ファンたるもの、この日は撮るか乗るか見るか、
何か鉄道に触れたいもの。 
秩父へHM狙い!?鉄道フェスティバル!?大混雑の鉄道博物館!?
色々悩んだ末、イマイチ気合が出ずに、結局自宅でマッタリ・・・。

 今朝、新聞をめくっていたらJR東日本の全面広告を発見。
C57135を中央に配した写真に注視。なかなかイイ写真だったので、
思わずデジカメで激写!
博物館でも心を惹きつける写真が撮れるんだなぁとプチ感動でした
2007.10.09.Tue

グラフィティ☆蒸気機関車 no.8

graffiti_08.jpg

 夕暮れに映える蒸気機関車

 夕暮れ=夕方、夕刻、日暮れ、黄昏、太陽の沈む時分・・・。

 陽が沈む前後は、蒸気機関車が一番きれいに見える時です。
テンダー、動輪、クロスヘッド、ナンバープレートが黄金色に輝く。
ブルーモーメントの空に浮かぶ機関車のシルエット。
昼間の力強さと躍動感から、輝く勇姿と寂寥感へと変わる時。
人を詩人にしてしまう美しさ。旅情を誘う夕暮れ・・・。

 そんな感慨の一時に映える蒸機のシーンにもっと出会いたい。
                                               
(2013/03改訂)
2007.10.01.Mon

デジ一眼☆カメラ機材レビュー♪

071001.jpg
会津若松 2007/09/22 PENTAX K10D & Canon EOS 40D 
 
 デジタル一眼をニコンからキヤノンに移行してから一ヶ月。
数回の出撃を経て、カメラの操作も慣れてきました。
レンズの描写性能や機動性も良好で、まずは満足安心。
当分の間は、キヤノン EOS 40Dとペンタックス K10Dを仲良く活用して
いきたいと思っています。レンズも少し補充できれば良いのですが・・・。
勿論、じっくり撮りたい時、風景写真主体の時などは中判カメラも出動
してもらいます♪

 秋は紅葉の季節。
風景のなかをゆく蒸機の感動を求めて会心の一枚を撮りたいものです。

 | HOME |