感動の蒸気機関車 Photo Blog

蒸気機関車と写真雑記のフォトブログ

2008.08.30.Sat

D51上州紀行☆青春18きっぷ/その2

080830.jpg
水上 記念撮影の貸衣装。石炭はご自由にどうぞ。 2008/08/04,29
Nikon COOLPIX P50 

 D51上州/出撃ショートコメント♪
・久しぶりの上越線&久しぶりのD51498。赤プレートで水上でご対面。 
 (08/01)
・水上でSさんと4ヵ月ぶりにお会いする。午後の撮影を後閑で一緒に撮影。
 (08/04)
・諏訪峡大橋で撮影。天気良し、煙良し。青プレートのD51はチョッとね。
 (08/09)
・また諏訪峡大橋へ。しかし、シャッターのタイミング合わず惨敗(泣) 
 (08/22)
・雨覚悟の出撃が水上は晴天!素敵な女性スタッフとお話できて大感激!
 (08/29)
2008.08.30.Sat

D51上州紀行☆青春18きっぷ

080829.jpg
上越線 水上他 08/08 Nikon COOLPIX P50,Canon EOS 40D  

 8月は、3年ぶりに青春18きっぷを利用して蒸機の撮影を楽しみました。
行先は磐西や山口などへの遠征も考えましたが、節約と効率を考えて日帰り
できる上越のデゴイチに注目しました。

 JR東日本も7/1ー9/15まで上州「源泉ぐんま紀行」のキャンペーンを開催。
期間中、週末と休日を中心に高崎ー水上間をD51牽引の「SL奥利根号」
「SLみなかみ」を運転。
また、ナンバープレートの色を期間を区分して赤、青、黒、に変える演出を
していました。今回のキャンペーンで水上の車庫は、観光客誘致のために
綺麗に整備されていました。

 しかも、運転日には毎回、スタッフを動員して親子が着れる機関士や車掌の
制服を貸与して記念撮影できるサービスをするなど精力的でした。
車庫でもスタッフの方々が親身に対応する姿には、仕事とはいえ頭が下がる
想いです。

 撮影は渋川、諏訪峡、後閑周辺で走行写真。
水上では休息中のデゴイチや親子連れの姿をスナップショットしてきました。

 18きっぷのお陰で!?夏の上越/D51498の情景を5日間、熱く見つめながら
撮影することができて有意義でした
2008.08.26.Tue

キヤノンから新デジ一眼「EOS 50D」の発表♪

080826.jpg
価格.com 08/08/26

 キヤノンから本日(8/26)、新デジ一眼「EOS 50D」の発表がありました。
「EOS 5D」の後継機ではなく、発売後1年の「EOS 40D」の後継機とも
思えるAPS-Cサイズ対応の中級機でした。
「EOS 50D」の主な特長は上記のようなものですが、「EOS 40D」の
ユーザーにとっては複雑な心境と言ったところでしょうか。

 新開発CMOSセンサーと新世代の「DIGIC 4」を搭載して、より高画質と
高速画像処理を実現し、液晶もかなり見やすくなったようです。
加えて、カスタム機能にAFマイクロアジャストメント機能を搭載して、
レンズごとの微妙なピントの精度を調整できるようになりました。

 「約1510万画素+液晶表示の視認性アップ+AFアジャストメント機能搭載」。
私が「EOS 50D」をUSPで表現すると、こんな感じになります。
早くも 価格.com の「EOS 50D」には最安価格131,800円(税込)の表示が。
9月下旬に発売とのことですが、「EOS 40D」を発売日に購入した私は、
今回は暫く評価と価格推移を見守ってから購入するか考えることにします。

キヤノン「EOS 50D」の主な特長
○有効画素数約1510万画素の新開発CMOSセンサーと新世代の
「DIGIC 4」を搭載。
○幅広い常用感度設定(ISO100ー3200)と拡張設定(ISO6400、12800)の
高感度対応。
○約6.3コマ/秒の高速連写、約90枚までの連続撮可能
(UDMA対応CFカード使用時)
○約92万ドットの3.0型大型クリアビュー液晶採用。
○カスタム機能にAFマイクロアジャストメント機能搭載。
2008.08.05.Tue

Canon 小三元の完成♪

080805.jpg
Canon EOS 40D + EF17-40mm F4L, EF24-105mm F4L IS,
EF70-200mm F4L IS

 8月、夏真っ盛りのなか、Canonのレンズラインナップを変更しました。
もうすぐ発表されるであろうCanonの5D後継機(フルサイズ)に対応する
ため!?重たく、写りがチョッと甘い、EF-S17-55mm F2.8 ISを売却し、
軽くてキレの良い!?EF17-40mm F4L を入手。これで、F4Lが3本で
通称「Canon 小三元」となりました。
 
 Canon 大三元/EF16-35 F2.8L、EF24-70 F2.8L、EF70-200 F2.8L
IS は重くて高価。PENTAXユーザーでもある私にとっては、F4Lの適度な
グレードが気に入っています。

 一方、PENTAXのレンズラインナップは、3本体制で当面は現状維持です。
気になるレンズがいくつかありますが、すぐには買わないようにしています。
レンズの性能、評判、価格など、色々と検討しながら過ごすのも楽しいもの
です。レンズ沼にハマらないように気をつけないと・・・。

 | HOME |