感動の蒸気機関車 Photo Blog

蒸気機関車と写真雑記のフォトブログ

2012.02.29.Wed

釧路出撃☆2012

120229.jpg
釧路空港、茅沼、標茶駅 2012/02/26,27
 
 2/26,27、釧路へ「SL冬の湿原号」の撮影に行ってきました。
今回は、27日の重連運転を目当てに出撃しました。

 26日朝の空路で釧路入りして、まずは塘路へ直行。
「SL冬の湿原号」は、特急列車の接続で15分程の遅れ。
薄曇りの薄日のなかを、勇壮に走り抜けていきました。
その後、ルルランの踏切で撮影して標茶駅でスナップ撮影。
返しは、細岡付近の踏切で後追い気味に撮影して終了。
この日の編成は何故か、緩急車(ヨ)の代わりにDLを連結。
この編成は残念でした。

 27日は、早朝からの降雪で線路端も新雪の雪景色。
重連の撮影は、釧路湿原~細岡のポイントで一発勝負です。
撮影者は20人程。撮影は準備に余裕をもって臨みました。
撮影時は雪も止み、迫力のシーンを捉えることができました。
列車編成は、C11171+C11207+緩急車(ヨ)+客車4両+ヨ。
メインの撮影を終えて、ルルランの踏切でオマケで撮影後、
前日同様、標茶でスナップ撮影・・・返しの撮影で茅沼へ。
重連バック運転の撮影は、丹頂鶴は逃避、煙も機関車に
被ってしまい、あまりいい絵になりませんでした。
 
 毎年、白銀のなかをゆく「SL冬の湿原号」を撮影すると、
その美しさに感動させられます。
今回の撮影も、例年よりも積雪があり、素晴らしいシーンを
見せてくれました。

 雄大な釧路湿原、鶴見台、夜の炉端焼きなど、釧路の
定番メニューも存分に楽しんできました

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

120229_2.jpg
「SL冬の湿原号」 2012/02/26 EOS 5D Mark II
2012.02.19.Sun

汽車旅っていいな! #015

oneshot_015.jpg
 釧網本線 ポラロイド風~(^^)V  
 PENTAX K10D DA 12-24mm F4 ED AL[IF]  

  最近、蒸気機関車に乗っていない。
 外で撮るだけでなく、たまには乗ってみる。
 よし、今日は汽車旅の日にしてみよう!

  車内で楽しむ乗客の表情。
 展望デッキに吹き込む煙の匂い。
 車窓から見えるゆらゆらと流れる煙。
 思わず欲しくなってしまう限定グッズ。
 ハッピーな気分にしてくれる乗務員の笑顔。
 ビールを片手にのんびりと旅情気分を楽しむ・・・

  汽車旅っていいな! o(^-^)o イイナ~

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪
2012.02.17.Fri

勇姿颯爽☆C6120+旧客7両 #014

oneshot_014.jpg
内房線 2012/02/10 
Nikon D7000 AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR 

 2012年2月、内房線と久留里線が開業100年を迎えるのを記念して、
京葉線・千葉みなと~内房線・木更津で「SL内房100周年記念号」が
運転された。C6120+旧客7両という、珍しい、魅力的な編成だった。
「これは行かなくては!」と思い、ビジターとして情報収集に着手。

 「C61+旧客の編成をスッキリと撮りたい!」
この願いにかなう撮影地は、袖ヶ浦~巌根が最適と思い、通い詰めた。
沿線で一番人気のこの定番ポイントに、たくさんのファンが集結した。

 2回目に訪れた時は、前回よりも少し線路から離れた所から撮影した。
幸いにも顔なじみの方々と三脚を並べて撮影を楽しむことができた。

 背景の建物が写り込まないように、低い位置から広角約35ミリで狙う。
冬晴れの澄み切った空の下を、颯爽と駆け抜けてゆくシーンを捉える。
よし!C61と長い旧客7両の編成写真をサイド気味に射止めた満足感!
綺麗な編成。綺麗な煙。定番を自分流に味付けするのは楽しい・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪
2012.02.14.Tue

SL内房100周年記念号(本運転)に出撃♪

120214.jpg
内房線 「SL内房100周年記念号」、DL回送 2012/02/11 Nikon D7000

 2/10,11,12、「SL内房100周年記念号」の撮影に出撃しました。
3日間とも、C61先頭の列車のみを袖ヶ浦~巌根の築堤付近で撮影。
午前のDL列車や追い掛けをしないので、撮影の約1時間半前に現地到着。
1日1回、カメラ3台で一発勝負の撮影を楽しみました。

 2/10、本運転初日。平日でもたくさんの撮影者で賑わう。
前回撮影した築堤下段より線路から少し離れた位置で撮影。煙良好。

 2/11、午前中はCP+(パシフィコ横浜)へ。昼前に会場を出て現地へ。
サイドから撮影。雲が多かったものの、直前に陽が射してラッキー!

 2/12、本運転最終日。晴天だが風が強い。昨日より撮影者少ない。
前日同様、サイドから撮影。風で煙が乱れ機関車が半分隠れてしまう。
  
 以上、ほぼ同じポイントで2回ずつ撮影したことになりますが、
天候やフレーミングの変化により、違った趣の写真が撮れました。
いい場所は何度も通う・・・は、今回も少しは活かされた感じです。

 C6120+旧客7両に惹かれて出撃した今回の「SL内房100周年記念号」。
風景よりも、機関車や編成を主体に撮影できたので良かったです

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪
2012.02.13.Mon

CP+ 2012/パシフィコ横浜♪

120213.jpg
CP+ 2012 パシフィコ横浜
2012/02/11 Nikon D7000 , PENTAX Optio RS1500-SV 

 2/11、今年もカメラと写真映像の情報発信イベント「CP+」に行って
きました。昨年よりも混雑が予測されていたので、8時頃には会場の
パシフィコ横浜に到着。10時に開場後、すぐに会場内はたくさんの
来場者で熱気に包まれました。
まずは、注目のニコンD800を試用して、各社のブースで美女たちを撮影。
 
 今回は、短い滞在時間(1時間半)と大混雑のため、新商品の体験は
少しだけ。 「キヤノン EOS-1D X」や「EF24-70mmF2.8LIIUSM」
などの新商品は、興味はあるものの、購入予定がないのでスルー。

 今年のCP+のテーマは、ワールドプレミア~伝える、つながる、写真
の力。たくさんの新商品、たくさんの来場者を目の当たりにして、デジタル
時代の「写真を楽しむ」ことが一層身近になっていることを実感しました。

P.S.
お土産は、HAKUBA(Lowepro)とETSUMIのトートバッグ、CASIOの蛍光ペン。
登録来場者数、会期合計で65,120人!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

120213_3.jpg
2012/02/11 Nikon D7000

120213_2.jpg
2012/02/11 Nikon D7000
2012.02.07.Tue

真岡鐡道☆重連に出撃♪

120207.jpg
真岡鐡道 2012/02/05 
5D Mark II EF70-300mm F4-5.6L IS USM  

 2/05、真岡鐡道へ重連の撮影に行ってきました。
振り返ると、真岡の出撃は1年2ヵ月ぶりです。
重連運転ということで、沿線はかなりの人出で賑わいました。
カマは往路C12+C11、復路C11+C12でどちらもHM掲出無し。
やはりHMを付けない姿は、スッキリしていいです。

 撮影は、回送PPを真岡~寺内、往路を市塙。
復路を茂木~天矢場と折本。撮影者も多いので、欲張らずに
ポイントを絞り込んで撮影に臨みました。

 特に茂木~天矢場での撮影は、迫力あるシーンを見せてくれ
ました。2両の機関車が噴き出す煙は、先頭のC11が白煙、次機の
C12が灰色の煙。煙は調和していなかったものの、ドレインは共に
勢いよく同調!重連ならではの感動のシーンを堪能できました。

 久しぶりの真岡でのSL撮影は、顔なじみの方とも会えて有意義
でした。寒い時期にもう一度ぐらい再訪したいです

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪
2012.02.05.Sun

SL内房100周年記念号(試運転)に出撃♪

120205.jpg
内房線 「SL内房100周年記念号」 試運転 
2012/02/04 Canon EOS 5D Mark II

 2/04、「DL・SL内房100周年記念号」(試運転)の撮影に出撃しました。
C6120+旧客7両の編成で運転ということで、期待を込めて挑みました。
内房線での撮影は初めてで、まったく土地勘がありません。
情報収集した結果、袖ヶ浦~巌根の浮戸川付近で狙うことにしました。

 現地に9時頃に到着するも、既に先客の三脚がたくさん並んでいました。
なんとか低い位置で、スッキリと撮影できそうなポイントを確保。
DL先頭の回送は、場所を変えて撮ったものの、操作ミスで撃沈(泣)
本命のC61先頭の撮影は、回送通過後5時間も待機しなければなりません。
その間、さまざまな形式の電車を撮影しながら本番に臨みました。

 定刻、C61は盛大に煙をなびかせて、駆け抜けていきました。
期待通りの煙に恵まれて、長時間待った甲斐がありました。
本運転では、また構図を変えて撮影したいと思っています

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

 | HOME |