感動の蒸気機関車 Photo Blog

蒸気機関車と写真雑記のフォトブログ

2012.10.30.Tue

秋の只見に出撃☆2012

121030.jpg
只見線 2012/10/27,28 PENTAX Optio RS1500-S 、5D Mark III

 10/27,28、「SL只見線奥会津号」の撮影に行ってきました。
只見線のSL運転は昨年5月以来で、秋の運転は2年ぶりになります。
運転区間は会津若松~会津川口。その為か?有名撮影ポイントは、
大勢のファンで賑わいました。 

 初日の天候は晴天。最初は第三橋梁のポイントに行きましたが、
橋梁の一部が工事中のシートで覆われていたので、滝谷へ移動。
紅葉を背景に滝谷橋梁のサイド撮影。40分遅れで煙は少なめでした。
復路は、会津水沼、会津坂本、根岸~会津高田、七日町発車を撮影。

 2日目は雨天。撮影地の選定に悩んだ末、古屋敷(郷戸~滝谷)へ。
ホテルの朝食をとってからの出発は遅い!?現地到着時で既に大盛況!
なんとか後方に撮影場所を確保した頃から雨が降り出しましたが、
撮影時には小雨だったのでラッキーでした。
復路は、煙が出る場所を優先して会津水沼付近で正面アップを撮影。
此処でも撮影時には雨は止んでくれました。
 
 1年半ぶりに撮影した只見線を走る蒸気機関車。
只見川の水位が下がっていたことで、周辺は流木や風倒木が目立ち、
景観は今ひとつでしたが、山間に木霊する汽笛の音は最高でした。

 改めて只見線の蒸気機関車の運行に感謝したいと思います

にほんブログ村 <br /><br />鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

121030_2.jpg
只見線 滝谷 秋色に染まった景観のなかをゆく。 
2012/10/27 Canon EOS 5D Mark III  
2012.10.17.Wed

東京ディズニーシー☆ハロウィーン2012

121017.jpg
東京ディズニーシー 2012/10/17 PENTAX K-5 DA 21mm F3.2AL Limited 

 10/17、2年振りに東京ディズニーシー(TDS)に行ってきました。
毎年恒例のハロウィーンのイベント開催中で、平日でも大混雑!
ディズニーリゾートは贅沢三昧の場所。レストランもかなりのお値段で。
午後からは雨の予報だったので、手際よく任務を終えて、お土産を買って
早々に帰還しました

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪
2012.10.14.Sun

日本の原風景と蒸気機関車の煙♪ #026

oneshot_026.jpg
只見線 夏井川橋梁 2006/10/07 Nikon D200 AF-S 28-70mm F2.8(40mm)  

 只見線で蒸気機関車が運転されるようになって5年目。
山々が秋色になる前の10月上旬、夏井川橋梁を渡る風景を狙った。
日本の原風景が残る貴重なこの場所は、僕の好きな撮影ポイントである。
夏井川橋梁を渡るC11は、勾配区間なので煙も期待できる。
橋梁を渡るシーンは、真横からも反対側からも撮影できるので嬉しい。

 この日は、風景中心に撮りたかったので上方から後追い気味に撮影した。
あいにくの降雨のなかでの撮影だったが、いい煙を見せてくれた。
デジタル一眼での撮影にも慣れて、お気に入りの風景写真が得られた。

 この日本的な風景は、いつまでも残っていてほしい。
そして、再びこの場所で煙が見られることを願ってやまない。

にほんブログ村鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪
2012.10.08.Mon

秋の磐西☆乗り鉄&撮り鉄の旅♪

121008.jpg
磐西 喜多方ラーメンも美味でした♪ 2012/10/06,07
 
 10/06,07、磐西へ「SLぱんえつ物語」号の撮影に行ってきました。
今回はJRで上野駅から宇都宮線、郡山経由で現地入りしました。
「SLぱんえつ物語」号の撮影は、今年の桜の季節以来、5ヵ月ぶり。

 初日は、一の戸橋梁を渡るシーンと喜多方・舞台田踏切付近で撮影。
2日目は、五十島と喜多方・舞台田踏切付近で藁小積みを点景に撮影。
何れも良い煙に恵まれました。

 貴婦人の掲出HMは、紅葉色にオコジョのキャラクター「オコジロウ」の顔。
顔が大き過ぎ!と思いますが、これは子ども向けなのでしょう。
好みの別れる所ですが、個人的にはNG。でも、しっかりアップで撮影(笑)

 2日間、秋景色の磐西・郡山~新潟の一往復を乗り鉄して、蒸機の撮影も
楽しむことができました
121008_3.jpg
121008_2.jpg
秋の磐西 2012/10/07 Canon EOS 5D Mark II

にほんブログ村鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪
  

 | HOME |