感動の蒸気機関車 Photo Blog

蒸気機関車と写真雑記のフォトブログ

2013.09.23.Mon

実りの秋☆信越・上越線に出撃♪

130924.jpg
上越線「SLみなかみ」 実りの秋♪ 2013/09/23 Canon EOS 6D

 9/21,23、信越線と上越線へ撮影に行ってきました。

 21日、信越線「SL碓氷」を往路のみ撮影。
晴天で気温も高いせいか、デゴイチの煙は控えめ。
予定通り、実る稲田を点景にして撮影できました。

 23日、上越線「SLみなかみ」を往路のみ撮影。
久しぶりに東武線経由で乗り継ぎして現地入りしました。
長玉でアップを撮るつもりが、適所がなく作戦を変更。
直前まで周囲を歩き回り、前回と同じ実る稲を入れて撮影。
曇り空で気温も低めだったので、デゴイチの煙は盛大。
続いて岩本で二回目の撮影。此処も良い煙が見られました。

 2日間、稲が実る時期の撮影ができたので良かったです

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

130924_2.jpg
23日の撮影機材。長玉を持参したのに出番なし。
2013.09.14.Sat

初秋の信越線☆SL碓氷♪

 9/14、信越線へ「SL碓氷」の撮影に行ってきました。
8月下旬に写真展があったので、約一ヶ月ぶりの出撃です。

 今回は、稲刈り前の黄金色の田圃風景を求めて・・・。
9月中旬でも蒸し暑く、汗をかきながら前回のリベンジ戦へ。
田圃風景を小俯瞰する定番ポイントで5回目の撮影に臨みました。
現地は、予想外の先客多数で殆ど入れる余地なし~(汗)
こんな時のための予備ポイントが空いていたのでひと安心。

 「SL碓氷」の編成は、D51498+12系客車5両+DL。
定刻、薄日が射すなかデゴイチは元気にやってきました。
煙も良く出たので期待した絵がやっと撮れた感じです。

 撮影は往路のみで、午後2時過ぎには東京に帰還。
久しぶりの撮影は一か所勝負でも大満足でした

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪  

130914_2.jpg
今回の撮影はこんな感じ。 2013/09/14
到着してすぐに蚊に刺されました(泣)
2013.09.09.Mon

震災から2年半の想い

 3.11東日本大震災から2年半が経ちました。
震災直後、日本人は「人間回帰」という原点を悟りましたが、
時の経過は震災への想いや教訓を希薄にさせがちです。
被災地の復興、仮設住宅で暮らす人々、原発汚染水、放射能懸念。
現在でも厳しい状況が続いていることを忘れてはいけません。

 そんな時、2020年に東京五輪の開催が決定(2013.9.8)。
7年後に世界最大のスポーツイベントが東京で開催される。
東京五輪2020への道のりは、アスリートだけでなく、震災復興や
日本全体に大きな前進を促してくれることでしょう。

 スポーツの力、ファッションの力、写真の力、音楽の力、
企業の力、国民ひとりひとりの力、つながる力・・・。
たくさんの力が東京五輪2020をきっかけにパワーアップされて、
今よりももっと良い日本になっていくことを願います。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

130909.jpg
2013.09.03.Tue

貴婦人ギラリ☆定番もLOVE♥ #038

oneshot_038.jpg
磐越西線 馬下~猿和田 2012/04/28/18:12
Canon EOS 5D Mark II EF70-200mm F4L IS USM

 ばんえつ物語☆貴婦人のギラリを狙う馬下の定番ポイント。
C57180の側面が太陽に反射してギラリと輝くシーンは美しすぎる!
蒸機ファンなら誰でも撮っておきたい定番の一コマと言える。

 ギラリは、太陽が味方してくれて、煙が出て・・・。
色んな条件をクリアして撮らせてもらえるビューティフルシーン。
イメージ通りの絵が得られた時の感動は決して忘れられない。

 この一枚は、写真展「蒸気機関車×LOVE」の出品候補だった。
スクエアフレームの他の写真とのバランスを考えて選外に・・・。 
ギラリもLOVE♥大好き!なのです

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪
2013.09.01.Sun

写真展「蒸気機関車×LOVE」を終えて♪

exhibition2013_14.jpg
「蒸気機関車×LOVE」 ニコンプラザ銀座2F・ニコンフォトスクエア 2013/08/31

 8月の終わりと共に、写真展「蒸気機関車×LOVE」も終了しました。
会期中、知人をはじめ多くの方々に作品を鑑賞して頂きました。
3回目の写真展。今回も開催して本当によかったと思っています。
少ない展示点数でも、プリントした写真を自由に展示できる銀座ニコン
フォトスクエアの展示スペースが私は大好きです
なぜなら、多くの方々に銀座の一等地で手軽に作品を発表できるからです。

 私が写真展を開催する理由は、
自分の撮った写真を披露して、人に何かを感じてもらうことです。
そして、人が感知(反応)したものを出展者と共有できること。
それは、インターネットで画像を公開することとは違った次元です。
会場の臨場感、プリント(紙焼き)、額装、レイアウト、そして交流。
出会いと再会。来場者とface‐to‐faceで交流できる表現ステージ・・・。

 写真展「蒸気機関車×LOVE」。
来場された方々に「いいね!」と感じてもらえたのか?
すべては、鑑賞された方々の審美眼に委ねたいと思います。
出展者として惹かれるものを少しでも与えられたのなら、望外の喜びです。

 皆さまのご来場ありがとうございました。

sl_love.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪


exhibition2013_13.jpg
撤去作業はいつも名残惜しいです。 2013/08/31

 | HOME |