感動の蒸気機関車 Photo Blog

蒸気機関車と写真雑記のフォトブログ

2015.01.31.Sat

自己流写真語録♪ #05

#05 「写真と言葉」の関係

 写真を撮るのを楽しみ、撮った写真を鑑賞して楽しむ。
自分の世界だけで楽しむのなら、「言葉」は必要ないだろう。
未公開の写真日記やフォトブック等をつくる場合もあるが・・・。

 自分の撮った写真を作品として誰かに見てもらう行為は、
第三者に共感を求めたいという素朴な芸術活動に他ならない。
私は誰かに見てもらうことで得られる成果も、写真の楽しみ
の一つ
だと思っている。

 作品を見てもらうツールは、ブログなどネットで公開する写真、
紙媒体&電子写真集、ギャラリーでの写真展などがある。
多様な表現手段のなか、最近注視しているのが「写真と言葉」
の関係である。以下に2つの例を挙げてみる。
 
1. 一枚の写真を鑑賞する。「言葉」はない。タイトルもない。
鑑賞者は、独自の審美眼を研ぎ澄ましながら何かを感じとる。
写真だけが唯一の情報源なので、鑑賞者は思うままに想像の
世界を広げる。作品を一番シンプルに披露している姿である。

2. 一枚の写真を鑑賞する。作品の下に「言葉」がある。
タイトル、撮影日、撮影地、撮影機材、撮影データ(シャッター
速度、F値、ISO感度)、そして撮影者のコメント・・・。
言葉の多少はあるが、その言葉は撮影者の意図や想いを伝える。
写真展在廊時の来場者との交流や、催事でのトークショーに
おいても「言葉」が介在して、その写真(作品)に味を添える。
一枚の写真の裏側に潜む多彩なドラマを「言葉」から感じ取る。
そう、「言葉」は鑑賞者にその写真が醸し出すオーラ(aura) に
+α(共通の理解)を促す香辛料のようなもの。

 「写真に言葉はいらない」
 「写真に言葉は不可欠である」


 私はどちらも正解だと思っている。
写真に「言葉」がいらない時と必要な時(多少)を見極める。
誰かに見てもらう写真は、キャプション(caption)の表現も
作品の一部
になるのだから・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

photopolicy_05.jpg
2015.01.27.Tue

日々雑感+++20150127

 惰気満満・・・VS C61ばんえつ物語♪

 2015年、早くも1月が過ぎようとしています。
新年になって撮影に出かけることもなく冬眠しています(苦笑)
多くのファンが正月から蒸気機関車の撮影に奮闘しているのに、
私の予定は連日の中止。よって「撮影備忘録」の更新も無し。
「HMが気に入らない」「以前と同じような写真を撮るなら行か
ない」などと思ったりで、次第に惰気満満(だきまんまん)・・・。

 リズムは大切。今は充電の時。撮影以外のことに時間を使う。
そんなふうに視点を転換して毎日を過ごしています。

 「C61ばんえつ物語」と「磐西電化区間の蒸機」運転の発表は、
大きな出撃活力剤になりそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

150127.jpg
イタリア国鉄・ミラノ中央駅(Stazione Milano Centrale) 2014/03/15
2015.01.20.Tue

SLはこだてクリスマスファンタジー号 2014


函館本線「SLはこだてクリスマスファンタジー号」 2014/12/23

 2014年12月、3年振りに冬の函館本線・大沼を訪れました。
「SLはこだてクリスマスファンタジー号」も残念ながら今期で終了。
この日は、降雪の中での撮影でしたが、雪中シーンもいいものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪
2015.01.17.Sat

鉄道ダイヤ情報 2015年2月号/DJフォトコン

150117.jpg
「駆け抜ける」 磐越西線 喜多方~山都 2014/04/20 
Canon EOS 6D EF17-40mm F4L USM (17mm)

 雑誌「鉄道ダイヤ情報」2015年2月号のDJフォトコンテストで、
銀賞をいただきました。2月号のテーマは、「広角レンズ」。
広角の持ち味をアピールできる「迫力の絵」が功を奏しました。
作品は、昨年開催した写真展「蒸気機関車のある風景」で展示。
来場された方々からも好評の一枚でした。

・撮影裏話 
 現地に通過5分前に到着。急いで2台のカメラに望遠系と広角系
レンズを装着してスタンバイ。綿密にフレーミングする余裕もなく、
交互にファインダーを視認しながらの忙しい撮影でした。

・フォトコン応募時に作品に記載したコメント♪      
 「SLばんえつ物語」C57180門デフ仕様を超広角で捉えました。
門デフの隙間に煙突も写りこむので、迫力と躍動感をアピール
できました。おさえた色味とソフトフォーカスもポイントです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪
2015.01.12.Mon

懐かしの諏訪峡俯瞰♪ #054

oneshot_054.jpg
「SLみなかみ物語号」 C58+EL+ばんえつ物語客車
2001/01/07 ペンタックス645N 200ミリ F4 
f6.7 1/250 RDPII (+1/3補正)

 上越線をゆく蒸気機関車を俯瞰撮影できる場所は多い。
その中でも諏訪峡俯瞰は景観も良いので一番人気である。
諏訪峡俯瞰は、超お手軽な諏訪峡大橋と、難儀な山登りを
要するポイントがある。
中判カメラ×フィルムで撮影した頃は、頻繁に俯瞰撮影を
していたので、何度も山登りをして諏訪峡俯瞰に臨んだ。

 この写真は、雪景色をゆくC58363+EL牽引+ばん物語
「SLみなかみ物語号」(2001年1月撮影)である。
当時から人気の撮影地だったので、ファンが大勢集まった。
しかし、現場は急斜面で危険をともなうので慎重を要する。
(私は、携帯ラジオを落としてしまった想い出がある。)

 この撮影後、同年11月(紅葉)と2003年1月(雪景色)に再訪。
その後、12年間(2015年現在)、この山に登っていない。
現在も、この場所で撮影できるのは何よりだが安全第一で。

 以下、2001年の当サイトBBSに記した出撃記録から。

 01/07、臨時快速「上越シーハイル号」に乗車して水上へ。
シーハイル号でAさん、Wさんと遭遇。水上駅から一同、徒歩
で諏訪峡大橋方面に向かう。諏訪峡大橋からの眺めは雪景色
で素晴らしい!既に20脚ほどの三脚の列。
私は2年前にこの雪景色のカットを撮影済だったので、開拓した
俯瞰ポイントへ。雪中行軍を覚悟の上で向かいましたが、既に
先客の置き三脚でほぼ満員御礼。なんとか三脚を設置して場所
を確保。積雪の崖の上は、横転でもしたら滑落です。
注意を払っていたものの、滑って手首を軽打撲、指先負傷。
危険と隣り合わせの俯瞰撮影は別の緊張感が加わります!
ここでNさんと遭遇。写真家M氏もおりました。
非常に狭く不安定な撮影姿勢のなか、C58は煙を綺麗になびか
せてやって来ました。視界も良好で感動の風景の中を走り抜けて
行きました。苦労して登った甲斐があって大満足!
その後、Nさんの車に拉致(同乗)していただき水上機関区へ。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪
2015.01.06.Tue

遠藤真人作品展「SEVEN」を鑑賞♪

150106.jpg
遠藤真人氏の作品展「SEVEN」 2014/01/06

 1/06、遠藤真人氏の作品展「SEVEN」を鑑賞してきました。
今回は、3月14日に長野~金沢間が開業し、東京から金沢を1本で
結ぶ北陸新幹線を独自の視点で捉えた作品が展示されています。

 作品は風景、編成、車両の切り取りなど様々な構成ですが、
新幹線と北陸文化を表現した鉄道写真であると共に、「鉄道と
アートの融合」を強く感じさせてくれます。
作品創りでは、特に青色の階調表現に力を注がれたとのこと。
「ただ撮るだけでは駄目」ということを教えてくれます。

プリントとモニターの鑑賞スタイルで、丁寧に解説して頂きました。
ありがとうございました。

P.S. 
 遠藤氏曰く「写真展は"実験"です」・・・に私も激しく同意。
自分の展示作品と対峙して、化学反応(鑑賞者の感想)を通して
得られる結果(成果)は、必ず自身の進展(成長)につながります。

◆作品展/概要
 遠藤真人作品展「SEVEN」
 2015年1月6日~17日(日曜・月曜・祝日は休館)
 時間10:00~18:30(最終日は16:00まで)
 EIZOガレリア銀座
 東京都中央区銀座7-3-7 ブランエスパ銀座ビル3F

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪
2015.01.01.Thu

新しい出発☆2015

150101.jpg
秩父鉄道 2014/01/02

 2015☆NEW START,NEW HOPES,NEW DREAMS.

 今年も家族皆が元気で、仲良く、助け合い、成長できるように。
仕事も趣味も楽しんで、工夫して、表現して、感動を共有しよう。
7月に写真展(5回目の個展)を開催いたします!

 本年もどうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

 | HOME |