感動の蒸気機関車 Photo Blog

蒸気機関車と写真雑記のフォトブログ

2015.05.31.Sun

初夏の信越線☆SLレトロ碓氷♪

150531.jpg
信越線 横川 カメラ女子♡ 2015/05/31 Canon EOS 5D Mark III 

 5/31、信越線へ「SLレトロ碓氷」を撮影してきました。
信越線は、7ヵ月振りで上野から高崎線で現地入りしました。

 「SLレトロ碓氷」の編成は、D51498+旧客4両+DL。
往路のSL先頭は久しぶり。この季節の風景を求めて期待を
込めて臨みました。

 各列車は遅れもなく通常運転、天候も晴天で問題なし。
しかし、陽射しが強すぎて真夏並みの30℃超え・・・(汗)
水の入った田圃も少なく、煙もシャッターポイントで無煙(泣)
イメージしていた絵は、残念ながら撮れませんでした。
次回は、夏の田圃を点景にリベンジしたいと思います。

 往路の撮影後は、横川でD51のスナップ撮りをしました。
通常よりも人が少なく、じっくりとD51と対面できました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

150531_2.jpg
信越線 横川 2015/05/31
2015.05.25.Mon

磐西☆C61ばんえつ物語2♪

150525.jpg
磐越西線 会津若松、塩川付近車窓、荻野・利田踏切 2015/05/23

 5/23、磐西「C61ばんえつ物語」を撮影してきました。
今回は、往復とも高速バスを利用して日帰りで出撃。
(翌日は息子の運動会のため・・・)

 往路の撮影は、激戦区の荻野・利田踏切にて。
何度も撮影している定番&お気に入りポイントですが、
早朝6時半の時点で既に10本以上の三脚が並んでいます。
早く到着したので、なんとか場所を確保できました。
それにしても、撮影まで6時間も待つことになります。
待機中は、通過列車を撮りながら構図やピントの確認を
したり、近くの方と雑談するなどして過ごしました。

 気温が高く、煙はあまり期待できないと思いましたが、
C61はモクモクと黒煙を上げる勇姿を見せてくれました。

 撮影後は、後続の列車に乗って塩川へ。
塩川から姥堂~会津豊川をロケハンしながら撮影地へ。
復路の撮影は、姥堂付近の水田を点景にして撮りました。
強風で煙が乱れたので、夏秋の頃にリベンジしたいです。

 今回は、「C61ばんえつ物語」×荻野・利田踏切での撮影を
メインに狙い通りの成果が得られました

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

150525_2.jpg
荻野・利田踏切 2015/05/23
2015.05.24.Sun

THOMAS LAND 2015♪

150524.jpg
THOMAS LAND 2015/05/21 Canon PowerShot SX600 HS

 5/21、今年もTHOMAS LANDに行ってきました。
「きかんしゃトーマス」が元気に走っていました。
煙が出れば、もっと臨場感があるんですが・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

150524_2.jpg
新緑のなかをゆく THOMAS LAND 2015/05/21
2015.05.19.Tue

磐西☆C61ばんえつ物語♪

150519.jpg
磐西「C61ばんえつ物語」撮影行♪ 2015/05/16,17

 5/16,17、「C61ばんえつ物語」の撮影に行ってきました。
上野駅から普通列車を乗り継いで宇都宮~黒磯~郡山へ。
今回は、「週末パス」を使って2日間で郡山~新潟を往復。
お得なホテル(東急イン)に泊まる為に新潟まで行きましたが、
沿線の新緑と水田の風景に癒される乗り鉄を満喫できました。

 さて、撮影は「C61ばんえつ物語」の本運転ということで、
定番の撮影地は、大勢のカメラマンで賑わっていました。
往路は2日間共、尾登~荻野のカーブで新緑を絡めて撮影。
復路の初日は、喜多方第一舞台田踏切の築堤をサイド狙い。
2日目は、第一舞台田踏切の道路脇で編成狙いで撮影しました。
第一舞台田踏切では、顔なじみの方々と遭遇して雑談・・・。
片道一回の徒歩鉄撮影でも煙に恵まれたので大満足です
 
 撮影後、喜多方ラーメンを食べて郡山から新幹線に乗車。
21時半前には東京へ帰還できました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

150519_2.jpg
磐越西線 喜多方~山都 2015/05/17 Canon EOS 5D Mark III   
2015.05.10.Sun

自己流写真語録♪ #07

 #07 「心の感動」を表現するために

 「鉄道」「蒸気機関車」が好きだから「写真」を撮る。
私も蒸気機関車が放つオーラに魅せられて写真を撮っている。
今のカメラは自動にすれば、誰でもそれなりの写真が撮れる。
そして、撮った写真を記録として自分の世界だけで楽しむ。
それをアウトプット(発表)する、しないは本人の自由である。
 
 しかし、写真を「作品」「アート」として捉えてみると、
プラスアルファの要素(何か惹かれるもの)が不可欠になる。
全てのアートは、「心の感動」をどう表現するかということ。
それは、写真を通して他の人にも感動してもらうことである。
感動が伝われば、作品からの感動+伝えた感動へ昇華する。
これが、作者(※)に与えられる最高のご褒美なのだと思う。
 
 「心の感動」を一つでも多く表現できるようにするには、
どうしたらいいだろうか?いつも苦労している私は、2つの
ことを心がけている。

 まず一つ目は、「写真」と「被写体」の意識の比重である。
被写体と対峙する時、写真(作品)づくりを意識して撮る姿勢。
それは、「写真」>>>「被写体」=アートの視点で観ること。 
特に、走行写真の撮影で複数のカメラを使う時では、複数の
絵づくりとシュミレーションをして手際よくカメラ操作しな
ければならない。これは少々高度なテクニックが必要である。

 二つ目は「心の感動」を表現できるような視点やヒントを
得るために「他の被写体」を気軽に撮るようにしている。
私は、鉄道写真では「蒸気機関車」を撮るために出かける。
しかし、撮影地以外の行き帰りの行程で様々な写真を撮る。
お目当ての本番の撮影だけで、他は全く無関心というのでは
勿体ない。蒸気機関車以外の車両や駅や風景を撮るなどして
何かヒントが得られることもある。
撮影行以外でも、たまには「街並み」「スナップ」「風景」
「ポートレート」「テーブルフォト」」「花」など、全く違う
ジャンルを撮ってみると、思わぬ発見があり面白い。

 「写真は即時性の芸術」「写真は写心である」
「写真」の眼で「色んな被写体」を観察してシャッターを切る。
「心の感動」に繋がる「自分の作品」を創るために・・・。

(※)作者は、単なる撮影者ではなくアーティストになる。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

photopolicy_07.jpg
2015.05.06.Wed

デゴイチとface to face! #058

oneshot_058.jpg
磐越西線 2015/04/19 Canon EOS 5D Mark III

 7年ぶりに磐越西線電化区間で蒸気機関車が運行された。
残念ながら試運転に出撃できず、本運転の2日間のみ撮影。

 郡山~会津若松間は、人気の撮影ポイントが点在する。
4月中旬ということで郡山寄りの沿線では桜が満開だった。
しかし、今回は季節の花を絡める撮影は計画していなかった。
7年ぶりにデゴイチが走るのだから、しっかりとその勇姿を
写真に収めたかった。もちろん遠景や俯瞰撮影も敬遠した。

 2日目、往路は線路から少し離れたところから撮影する予定
だったが、年月の経過で築堤付近の木が伸びてしまっていた。
ならば、線路端でデゴイチをアップで狙うことにした。
電化区間の撮影は、架線柱、ブラケット、ビームの処理に神経
を使う。できるだけ電化パーツが隠れるようにしてデゴイチの
迫力ある勇姿を射止めることができた。

 電化区間の磐越西線を走るデゴイチは特別な存在である。
7年ぶりの磐西電化区間運行を祝してデゴイチとFace to Face!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪
2015.05.03.Sun

日々雑感+++20150503

 2015年のGW前半♪

  今年のGWも遠出することなくのんびり過ごしています。
とは言っても、どこにも行かない訳ではなく、家族と一緒に
毎年恒例のお墓参りに出かけています。東京都の墓地でも、
立川から青梅線に入ったところなので、それなりに旅です。

 今日も中央線に乗りましたが、往復とも非常停止ボタンで
停車したり、線路内に立ち入りなどで10~20分の遅れ。
もう、遅れないで目的地に行けたらラッキーと思ったほうが
いいのかも・・・。遅延・運転見合わせ多発の日本の鉄道。
しっかりして欲しいです。

 5/03、リコーイメージングスクエア新宿で開催中の吉村
和敏氏の写真展「イタリアの最も美しい村」全踏破の旅を
鑑賞してきました。5年の歳月を掛けて取材したイタリアの
美しい村の表情を、カラー作品約50点で構成しています。
合わせて、ギャラリートークも拝聴してきました。
吉村氏の写真展は、よく鑑賞しますが、常に感動を求めて
被写体を捉える姿勢や繊細なこだわりに惹かれています。
今回は、展示パネルの構成がとても参考になりました。

 さて、後半のGWは・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

150503.jpg
フィレンツェ・トラム1号路線 2014/03/13

 | HOME |