感動の蒸気機関車 Photo Blog

蒸気機関車と写真雑記のフォトブログ

2016.12.31.Sat

2016年☆大晦日

 2016年の大晦日、年内の最終更新です。
今年もあっという間に一年が終わろうとしています。

 まずは、毎年恒例の公開した画像のサムネールのまとめから。
画像の総数は62点。昨年よりも20点も減少しました。
(雑記帳、撮影備忘録、i love camera+撮影機材のカテゴリから)
ちなみに、自己流写真語録♪、この一枚の想い♪、写真展他の画像は
カウントしてません。あくまでも一つの記録として集計しています。

 今更ですが、ブログは外部に発信すると同時に、自分の写真活動が
時系列に分かり、記録と回想もできるメリットがあると実感してます。
やはり、写真と共に文章も綴ると後で読んで感慨深いです。

 さて、今年も公私ともに色々なことがありました。
「出撃総括☆2016」の通り、前半はリフォーム等で撮影を自粛。
無理をせずに後半に撮影を楽しめたので良かったです。

 撮影以外では、7月に浅草でグループ展に参加したこと。
「4LIFE vol.16」(PiPPO ギャラリースペース、7/10~7/23)
銀塩写真を楽しむ方々と共同展示して貴重な体験をしました。
ギャラリーは、残念ながら来年2月末をもって閉店とのことです。

 撮影機材では、思い切ってCanon EOS 5D Mark IVを導入したこと。
出撃が少ないのに、カメラはアクティブにバージョンアップ(苦笑) 
「新しいカメラ=新たな機能と撮影法×より良い作品」に少しでも
繋がれば、購入した価値があると思うので納得しています。

 2017年に向けて、
まずは、家族みんなが健康で日々の生活をエンジョイすること。
仕事も趣味も、相手にプラスになることを伝えていきたいですね

 今年も「感動の蒸気機関車 Photo Blog」の閲覧ありがとう
ございました。良いお年をお迎えください♪

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村/鉄道ブログ SL・蒸気機関車☆クリックお願いします♪

161231.jpg
画像サムネール/総数62点 
2016☆雑記帳、撮影備忘録、i love camera+撮影機材から
2016.12.29.Thu

出撃総括☆2016

 今年も残り少なくなりました。
恒例の一年間の撮影活動を振り返ってみました。
集計すると出撃日数は28日。昨年より6日も減りました。
1月の初撮り後、腰痛や自宅のリフォームで3月末まで撮影活動を自粛
した影響が大きかったようです。

 撮影路線の内訳は、磐西18日、信越3日、上越2日、真岡2日、秩父2日、
只見1日の6路線。磐越西線は、非電化で風光明媚、C57が好きな機関車
ということもあり四季を通じて足げく通いました。
東京からそれなりに距離があり、旅費がかさみますが、納得できる写真が
少しは撮れたので概ね満足しています。
また、年末に運行された「SLパレオエクスプレス」を撮りに秩父へ2年
振りに訪問したことも印象的でした。来年は、東武線のC11運行と共に
もっと出撃したいと考えています。
 
 一方で、今年も釧路、釜石、山口などの遠征はしませんでした。
大井川鐡道も青春18切符とのタイミングが合わずに未訪問です。
今後も遠征は旅費と効率の面で厳しいような・・・。

 ということで、今年も蒸気機関車の運行に携わった方々、現地で交流
した方々、撮影を共にした友人知人、家族の皆に感謝したいと思います。

◆出撃データ(2016年)

・出撃日数:28日       

・路線別日数: 磐越西線18日、信越線3日、上越線2日、真岡鐡道2日、
 秩父鉄道2日、只見線1日   

・撮影SL形式: C11325,C1266,C57180,C6120,D51498,C58363(6両)

・出撃日数の推移: (直近12年間)
 2016年/28日、2015年/34日、2014年/34日、2013年/40日、
 2012年/43日、2011年/34日、2010年/36日、2009年/20日、
 2008年/27日、2007年/29日、2006年/24日、2005年/31日

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

161229.jpg
磐越西線 2016/11
2016.12.27.Tue

秩父☆冬季特別運行SLパレオエクスプレス

161227.jpg
冬の秩父撮影行 2016/12/24,25

 12/24,25、秩父へ「SLパレオエクスプレス」を撮影してきました。
年末年始のSL冬季特別運行ということで、2年振りの訪問です。

 12/24、池袋から西武池袋線を利用して現地へ。 
浦山口周辺でロケハンをしながら、初めてのポイントで撮影。
「SL森永クリスマスエクスプレス」は、クリスマス・イヴに相応しい
特別HMを掲出。「チョコボール」のキョロちゃんを配したデザインは、
とても素敵でした!

 復路は、撮影者で賑わう影森登りのポイントで撮影。
冬の斜光線を浴びながら力闘するシーンを写し止めました。

 12/25、東武鉄道の優待乗車証が残っていたので、池袋から東武
東上線経由で森林公園、小川町、寄居~秩父鉄道の樋口へ。
森林公園までは、50090系のTJライナー用の車両(濃い青のボディーと
黄色い帯)に乗車。綺麗なゆったりとしたロングシートの車内は快適
でした。

 樋口駅先の定番ポイントでは、白煙を上げて力走する「SL秩父
ウイスキー祭列車」を撮影。C58に掲出された特別HMは、大人向けの
茶褐色のシックなデザインでした。
撮影は往路のみで終了して、今年の撮り納めになりました。
 
 2日間の撮影は、経路を変えて現地入りしたことで、新鮮味がある
撮影行を楽しむことができました。今まで足が遠のいていた秩父ですが、
今後はもっと出撃しようかと思っています

 P.S. 撮影裏話
 2日間、レリーズのトラブルが続いて困りました。
初日は、セッティング後に三脚が倒れてレリーズの端子が破損、機能不全。
レンズフードがクッションになり、カメラは奇跡的に損傷なしで済みました。
翌日は、予備のレリーズを補填した収納袋をバッグに入れ忘れてしまう。
2台のカメラは全て指でシャッターを切る羽目になってしまいました(泣)
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

161227_2.jpg
「SL秩父ウイスキー祭列車」 2016/12/25 Canon EOS 5Ds R
2016.12.22.Thu

月刊「CAPA」2017年1月号フォトコン TEKKEN!

161222.jpg
メリー・クリスマス! 信越線 横川 2015/12/23
Canon EOS 5Ds R  EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

 月刊「CAPA」1月号のフォトコン TEKKEN! に作品が掲載されました。
(2017年1月号のテーマは「冬のおくりもの」、2点応募)
作品は、昨年12月に信越線・横川駅でスナップ撮影したものです。
誌面に載った作品コメントと中井精也氏のコメント(一部)をご紹介します。

・私の作品コメント
「デゴイチの運転室入口に飾られたクリスマスリース。
粋な装飾は、乗客も運転士もクリスマスのワクワク感が高まります」

・中井氏のコメント
「(中略)、もう少し引いて、SLだと分かるように撮ると、狙いがもっと
伝わると思います」

・撮影裏話
 実は、このクリスマスリースを30カット以上も撮りました(汗)
もちろん、縦・横位置の引きもアップも写しているので、SLだと分かる
カットもたくさんあります~(苦笑)
ちなみに、一年前に別カットをアップしていました。SLだと分かるかな?

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

161222_2.jpg
カメラ雑誌 月刊「CAPA」2017年1月号
2016.12.18.Sun

「SLはこだてクリスマスファンタジー号」を想う #077

oneshot_077.jpg
「SLはこだてクリスマスファンタジー号」 2010/12/11
Canon EOS 5D Mark II  EF70-200mm F4L IS USM

 クリスマスシーズンに走る蒸気機関車が好き♪
現役蒸気機関車が本線上で最終運転をした日がクリスマス・イヴ
だったから?(1975年12月24日、北海道・夕張線)
クリスマス仕様のカラフルなヘッドマークが好きだから?

 「SLはこだてクリスマスファンタジー号」の想い。
 僕は、「SLはこだてクリスマスファンタジー号」を撮るために、
函館を3回訪れた。(2010,2011,2014年の12月)
夏季運転の「SL函館大沼号」も何度か撮影したが、やはり、冬季の
撮影は雪景色も見られるので格別だった。

 北海道は、冬に運転される釧網線の「SL冬の湿原号」が一番人気。
「SLはこだてクリスマスファンタジー号」は意外と地味な列車だった。
しかし、運転区間(函館~大沼公園)が短く、一日2往復したことで、
場所を変えて撮ったり、気象条件の違う写真が撮れて良かった。
徒歩鉄にとっても効率が良くお気に入りのSL列車だった。

JR北海道の諸般の事情で「SLはこだてクリスマスファンタジー号」
は、2014年12月の運転を最後に終了してしまった。
駅至近にも良い撮影地がたくさんあったので残念でならない。

 2017年から北の大地で活躍したC11207号機が東武鉄道で走る。
C11207号機の新たな活躍シーンを大いに期待したい

※ C11207号機「大樹」は、2017年夏に運転開始を予定。
下今市~鬼怒川温泉間で片道約45分をかけ土休日を中心に年間
最大140日程度の運転予定。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪
2016.12.13.Tue

自己流写真語録♪ #14

 #14 「いい写真」を撮るには?

 「いい写真」とは?

「万人の心に響く写真」
「いつまでも鑑賞していたい写真」
「いいな!と思った一瞬が撮れた写真」
「自分にしか捉えられない瞬間を切り取った写真」
「撮影者の意図が伝わるストーリー性のある写真」
「ポストカードにしたり、大きくプリントした写真」
「仕事ならば、依頼主からの要求や指定に沿った写真」
「なかなか撮れない希少性のあるシーンを射止めた写真」
「写真の中に、見る人の想像力が入り込む余白を作ること」
「意図、被写体の美、表情、色彩、作画、保守と革新の融合」
「プロでなければ、いい写真なんて自分が決めちゃっていい」
「写真は主観の部分がほとんどなので、定義するのは不可能」

 この質問は、単純で簡単なようだが返答が難しい。
撮る人の数だけ答えはあるし、正解なんてないようなもの。
誰もが「いい写真を撮りたい」と思いながら、カメラを構えて
被写体と対面する。写真は、ファインダーを覗き、シャッター
ボタンを押せば写る。他の表現分野に比べれば、かなり簡単な
過程のように思える。だからこそ、「いい写真」の定義の難しさが
あるのかもしれない。

 写真を記録性で撮るなら、それほど深く考えることもなく
シャッターを切れば良い。それはそれで重要な役割を担う。
しかし、「写真は芸術」「写真の奥深さ」「手応えのある写真」
「独自性のある写真表現」「心惹かれる写真」を求めるので
あれば、撮る前から「いい写真」を意識しなければならない。

 写真展を鑑賞する。写真集、雑誌、写真技術書を閲覧する。
フォトグラファーのトークショーやセミナーを聴講してみる。
どれも「いい写真」を撮るために、感性とテクニックを高める
ための指南役として私もよく活用している。

 「いい写真」はどうすれば撮れるのか?(※)を常に意識して、
経験を踏まえた想像力と俊敏な判断力(agile)をフル稼働しながら
被写体と対峙していくことが大切なのだと思う。
この意識と想像力、判断力の僅かな差異が「いい写真」を生み
出せるか否かの境界線
なのかもしれない。

 「いい写真」は、想定(必然)と想定外(偶然)の狭間から生まれる。
こんな言葉もこの文章を記している時に自然と湧き出てきた。

(※)同名の書籍が販売されている。私は未購入だが役立つ書籍。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

photopolicy_14.jpg
2016.12.06.Tue

磐西☆SLクリスマストレイン2016♪

161206.jpg
磐西「SLクリスマストレイン」 2016/12/03,04

 12/03,04、磐西「SLクリスマストレイン」を撮影してきました。
12月初旬の運行でも、沿線では大勢のカメラマンで大盛況でした。

 初日の往路は、五十島付近(五十母川橋梁脇)、山都~喜多方の
小布瀬原付近で撮影。C57180は、どちらも白煙での力走でした。
復路は、喜多方の慶徳築堤、野沢~上野尻のオーバークロス、三川。
露出に苦労しましたが、期待以上の爆煙で素晴らしかったです。

 撮影後は、久しぶりに新潟駅のホテルに宿泊しました。

 2日目の往路は、三川の発車(初撮影)、野沢~尾登、笈川~堂島。
3箇所ともカメラマンで賑わうなかでの撮影になりました。
復路のラストショットは、喜多方の濁川橋梁先の築堤をサイド狙い。
濃霧で視界不良になり、ホワイトアウト寸前での撮影になりました。

 今年の「SLクリトレ」のヘッドマークは、立体的なリース仕様
ではなくプリントされたものでした。モミと赤いリボンのフレーム内に
機関車、年号、雪の結晶などがデザインされています。
通常のプリント仕様でも、クリスマスらしいカラフルなテザインなので
好感の持てるものでした。

 今回も残念ながら雪景色の写真は撮れませんでしたが、迫力ある
シーンを見ながら撮影を楽しむことができたので良かったです 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

161206_2.jpg
「SLクリスマストレイン」 2016/12/04 Canon EOS 5Ds R

 | HOME |