FC2ブログ

感動の蒸気機関車 Photo Blog

蒸気機関車と写真雑記のフォトブログ♪               フォトエッセイ集『蒸気機関車を撮るということ』 2,200円(税込) 書泉グランデ・6F 鉄道フロア(東京・神保町)にて販売中です😊

2021.01.03.Sun

重連×アンチクライマックス #042

oneshot_2021_42.jpg
釧網線 C11171+C11207 画像クリック拡大

 写真の「決定的瞬間」とはなんだろうか?
それは、撮影者または鑑賞者が認めることなのだろう。
1コマのみ、最高の瞬間を表現できた時なのだろうし、
2コマ以上、それぞれ違った趣きの瞬間を捉えた時もある。

 鉄道写真は、きちっと車両が画角に収まった定番の写真が
誰もが認める決定的な瞬間と言えるのだろう。
シャッターポイントで撮ったクライマックスな写真である。
クライマックス(保守)な写真も素晴らしいが、私がいつも
注目しているのが、シャッターポイントの前後で撮った写真
である。こちらはアンチクライマックス(革新)の写真である。
機関車の一部を切り取った変則的なフレームアウトの写真。
通過後、頭上に舞い上がる機関車の煙だけを捉えた写真など。
アンチクライマックスの写真は、既視感がないので鑑賞者の
想像を膨らませる。刺激的で個性的でドラマチックである。
連続撮影でクライマックスとアンチクライマックスの両方を
射止めることができたのなら、その撮影は大成功だと思う。

OLD »

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamamura225.blog.fc2.com/tb.php/1030-6054ee03

 | HOME |