感動の蒸気機関車 Photo Blog

蒸気機関車と写真雑記のフォトブログ

2005.06.26.Sun

グラフィティ☆蒸気機関車 no.4

graffiti_04.jpg

 蒸機と人の情景

 蒸機と人が織り成す情景から感動が生まれる!
四季折々の風景を走る鉄道写真。車両の編成写真。形式写真。
超望遠で機関車のズームアップ。スローシャッターで躍動感のある流し撮り。
ソフトなイメージ写真、鉄道と人の情景。鉄道写真の世界は実に多彩である。
そんな魅力的な鉄道写真の中で注目しているのは、「鉄道と人の情景」である。

 鉄道は人がいて初めて成り立つ。
鉄道は人との出会いとふれあいのシーンがある。
整備に励む機関士の姿。汽車旅を楽しむ人たちの表情。
汽車と笑顔で記念写真を撮る家族。蒸機と共に映える何気ない人との光景。
川原で、踏み切りで、手を振って歓迎する子供たち・・・。
そのどれもが魅力の被写体なのである。 

 汽車と出逢った人たちのシーンは、走行写真と違った趣がある。
特に楽しむ人たちの表情と汽車から生み出された情景は、感動的である!

 あるがままの蒸機と人の情景は、一瞬のドラマである。
だからシャッターチャンスも、その時だけの千載一遇なのだ。
ベストショットは、感動を発見する洞察力(感受性)、迅速な構図決定、
そして、的確なカメラ操作の有無で決まる。

 ドキュメンタリー写真を撮る時の偶発性は、スリリングで楽しい。
それは、作画的な演出写真を撮る安心感とは違った世界であろう。
私にとってはどちらも作品づくりの一手法として捉えているが・・・。
今のところ、ドキュメンタリーショットの方が圧倒的に多い。

 「蒸機と人が織り成す感動の情景」
それは、私とって見逃せない撮影テーマになった。
そして心に響く感動の作品を、このテーマからも生み出していきたい。
今後も蒸機牽引の列車に乗る機会も多くなりそうだ。
                                           
(2013/03改訂)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamamura225.blog.fc2.com/tb.php/123-5a19995c

 | HOME |