感動の蒸気機関車 Photo Blog

蒸気機関車と写真雑記のフォトブログ

2011.07.31.Sun

写真展「感動の蒸気機関車2011」を終えて♪

photo_event_10.jpg
撤去作業は、あっという間に終了。名残惜しくワンショット♪ 
2011/07/31

 7月最終日と共に、写真展「感動の蒸気機関車2011」が終了しました。
あっという間の11日間でした。会期中は、知人やツイッター・ブログを
通じての方、鉄道写真家など、沢山の人たちにご来場いただきました。
ありがとうございました。

 私にとって2回目の写真展。
今回も開催して本当に良かったと思っています。
ここ数年間、写真展を開催するべきかを迷っていたことを振り返ると、
今はスッキリとした爽快感と達成感を感じています。

 写真展をギャラリーで開くのは、それなりのコストがかかります。
でも、写真展を終えると、コスト以上の価値が得られたと感じています。
それは、単なる自己満足なのかもしれませんが、それでもいいと思って
います。少なくとも作品を通じて自分と来場者が感じ合ったことは確か
なのですから・・・。

 作品を前にして、多くの方々が眼に焼きつけているかのように長い間、
じっくりと鑑賞して頂きました。それが、僅かでも心に響くような感動を
共有できた証であるならば望外の喜びです。

 ネットメディアが進展しても、写真展の意義は不変だと思っています。
今回の写真展は、ブログやツイッターと連携した運営が出来ました。
ソーシャルメディアは、写真展の良きパートナーとして活用できます。

 蒸気機関車の写真展を開催するということ・・・。
それは、「作者が高揚感と緊張感を持ちながら、蒸気機関車の魅力を
多くの人たちに伝えていくこと。感動の共有。」だと思っています。

 なぜ、蒸気機関車を撮るのか?
それは、大好きだから。人間的だから。
そして、感動の被写体だから。

 なぜ、写真展を開くのか?
それは、高揚感を持てるから。出会いがあるから。
そして、感動の表現空間だから。

 また新たな感動を求めて、私は蒸機の撮影と次回の写真展に向けた
活動をしていきます。
もちろん、マイペースに楽しみながら少しずつ進めていきます。

 最後に、写真展「感動の蒸気機関車2011」の展示スペースを提供して
頂いたニコンプラザ銀座のスタッフの方々、写真展にご来場頂いた方々、
そして、撮影から写真展の開催まで賛同してくれた家族に感謝したいと
思います

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamamura225.blog.fc2.com/tb.php/296-5fe84299

 | HOME |