感動の蒸気機関車 Photo Blog

蒸気機関車と写真雑記のフォトブログ

2014.08.20.Wed

自己流写真語録♪ #02

#02 写真は真実を写すことであり、写さないことである。

 この言葉は、私が常に思っている写真の真髄である。
鉄道写真ならば、記録重視なのか?アート訴求なのか?
換言すれば、誰が撮っても同じような記録性のある写真なのか?
独自の眼差しで撮ったオリジナリティあふれるアート作品なのか?

 ある写真家は「写真はまさしく、関係性のアート」と言う。
写真に芸術性を求めるのならば、感じたことを自分なりの視点で
表現することが不可欠である。それは、真実をデフォルメして
作画(切り取り)をしていくことであろう。

 フィルムの時代は、撮影した時点で作品として完結した。
デジタル化した今日は、撮影後も写真を創るようになった。
特にフォトレタッチは、アーティスティクな作品を創るために
欠かせないツールである。

 デジタルは表現の幅が広がり、写真は格段に楽しくなった。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

photopolicy_02.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamamura225.blog.fc2.com/tb.php/551-b233f91c

 | HOME |