感動の蒸気機関車 Photo Blog

蒸気機関車と写真雑記のフォトブログ

2014.08.27.Wed

グラフィティ☆蒸気機関車 no.14

graffiti_14.jpg

 望遠レンズで迫力と構成力をアピール!
 
 今では当り前に使っている望遠レンズ。
鉄道写真を撮る人の殆どは200ミリ以上のレンズを所有している。
私も望遠ズームと400ミリ単焦点レンズを頻繁に使用している。
とても便利で贅沢な逸品であり、あとは撮影テクの有無のみ(苦笑)

 さて、望遠レンズは周知の通り、遠くのものを狭い範囲で切り取って
撮ったり、被写界深度が浅いので背景を強くボケさせて被写体を浮かび
上がらせるように写せる。特に接近できない場所での撮影などで威力を
発揮する。(特に鉄道、風景、スポーツ、ポートレートなどの分野)

 個人的には、切り取りと遠近感の少ない圧縮効果のある写真は、
撮影者の主張を伝えやすく、斬新な作品創りの一助になると思っている。

 何はともわれ、撮影地の制約が多い鉄道写真の分野では、特に望遠
ズームレンズは利便性があり必要不可欠なものになっている。
これは本当に感謝しなければいけない最高のツールだと実感している。 

P.S.
 望遠レンズのことを考えると、現役蒸機の時代を想い出す・・・。
私が望遠レンズ(200ミリ単焦点)を初めて使ったのは、現役蒸気機関車が
廃止される5ヶ月前(1975年7月)だった。
それまでは、一眼レフカメラ(ペンタックスSPF)+標準レンズ(50ミリ)と
予備のカメラ(ヤシカ ミニスターⅡ・45mm)だけの心もとない装備だった。
200ミリレンズを購入するまでの間、標準レンズ一本で撮影していたとは
今では考えられないことだが、当時は高校生だったので仕方なかった。
(そう思うと、現役蒸機最後の夏と冬2回の撮影行で、200ミリレンズを
携えて撮影できたのはラッキーだったのかもしれない)

 最後に、望遠レンズの望遠は何ミリからなのだろうか?
明確な定義はないようだが、70ミリ位と私は思っている・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamamura225.blog.fc2.com/tb.php/553-8d8d0ea0

 | HOME |