感動の蒸気機関車 Photo Blog

◆公募写真展「ことしのさくら」☆鉄道写真を一点出展しております。 会期:5/30(火)~6/4(日)12:00~19:00(最終日16時迄) 場所:Roonee 247 Fine Arts [Room2] 中央区日本橋小伝馬町17-9 さとうビルB館4F TEL:03-6661-2276 ぜひ、ご覧ください。

2014.09.07.Sun

自己流写真語録♪ #03

#03 一枚の写真を尊重する。

 私は今、40年前に撮った写真のブックを作成している。
ネガシートは経年劣化によるゴミ、傷、カビ、退色が進み、
スキャニングだけでは使えないものが殆どになってしまった。
そのため、一コマずつレタッチソフトで修正する必要がある。
手間はかかるが、自分で容易に修正できるのでありがたい。

 二度と撮れない貴重な一枚を時間をかけて修正する。
細かい作業を続けていると、当時の想い出に浸れて楽しい。
同時に一枚の重みをひしひしと感じ取ることができる。
それは、「とっておきの一枚」だと自覚する時でもある。
 
 デジタルになり、一枚の重みが軽くなったように感じる。
手軽に連写して、すぐに消去できるのは便利なのだが・・・。
カードに残った写真(画像)は、好みの違いがあるかもしれ
ないが、どれも大切な作品なのだと思う。

 私はブログに公開する時も一枚の写真を尊重している。
特別の意図がない限り、連写等で撮った類似写真を続けて
載せないようにしている。同じような写真が複数あると、
一枚の重み(見せ場)が薄れてしまうと考えるからだ。
前後に撮ったカットがあっても「ベストな一枚を選んで
載せた方が、断然、その写真の存在感が高まる」と思う。
(あくまでも、個人的な見解なのだが)

 一枚を魅せるなら、その一枚にスポットライトを当てる。
「単写真力とは、一枚の価値を最大限に表現すること」
だから、私は一枚の写真を大切に表現していきたい。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

photopolicy_03.jpg
PENTAX 645N

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamamura225.blog.fc2.com/tb.php/555-6ac0f86a

 | HOME |