感動の蒸気機関車 Photo Blog

蒸気機関車と写真雑記のフォトブログ

2015.03.10.Tue

大井川鐵道☆前進あるのみ #056

oneshot_056.jpg
大井川鐡道 新金谷 2015/03/08 
Canon EOS 5D Mark III EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

 大井川鐡道といえば、蒸気機関車。
 蒸気機関車といえば、大井川鐡道。 

 大井川鐡道は、蒸気機関車の動態保存のパイオニア。
1976年7月から本線39.5キロの区間(金谷~千頭)でC11型の
蒸気機関車を運行している。(その後、他の形式も運転)

 現在の大井川鐡道は、観光客の減少などで経営難に陥り、
昨年から本線の運行本数を大幅に削減(約4割)している。

 大井川鐡道の2両編成の列車は、一日8往復程度。
SL撮影で乗り鉄すると、効率よく列車で移動できない。
往復路の撮影は、歩ける範囲で場所を探すことになる。
それは、それで工夫して撮れば良いことなのだが、
撮影後に2時間も帰りの電車が来ないのは、かなり辛い。

 そんなに列車本数を減らして経営を改善できるのか?
むしろ悪循環のように思ってしまう。
(トーマスやイベントなどで集客の努力をしているが・・・)

 今年(2015年)の3月上旬、大井川鐡道創立90年を記念して
SLの重連が運転された。先頭のC11190のデフレクターに
トンボのマークを付けたのは、従業員が「前進あるのみ」を
決意して示したものだという。

 そんな事情を胸に秘めて、新金谷車両区に立ち寄った。
わずか数分間の撮影時間で捉えた出区前の蒸気機関車の情景。
トンボのマークを付けたC11190と向き合う整備員たちの姿。
握りしめた両手からも、「前進」を誓い合う気持ちを感じた。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamamura225.blog.fc2.com/tb.php/611-0b72b4d1

 | HOME |