感動の蒸気機関車 Photo Blog

蒸気機関車と写真雑記のフォトブログ

2015.06.02.Tue

感動をありがとう!C61ばんえつ物語 #059

oneshot_059.jpg
磐越西線 尾登~荻野 2015/05/23
Canon EOS 5D Mark III 236mm

 2015年5月、土曜・休日の10日間に信越・磐越西線
(新潟~会津若松)で「C61ばんえつ物語」が運転された。
編成は、C6120+12系7両(SLばんえつ物語の客車)。

 C57の代役でC61が磐西非電化区間を走るということで、
沿線では多くのカメラマンで賑わった。

 新緑×風光明媚な「森と水とロマンの鉄道」×C6120。
出来ることなら10日間全部に出撃して撮影したかった。
結局、出撃できたのは試運転1日、本運転3日の計4日間。
気力、体力、財力、所用などを考えると仕方ない・・・。

 4日間の撮影は、徒歩鉄☆一日往復2回×4日=8回撮影。
「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」の撮影はできないので、
撮影地を厳選して「下手な鉄砲、少なく撃っても当たる」
にしなければならない(苦笑)

 終盤の5/23、往路は人気の荻野・利田踏切で撮影した。
早朝、現地に到着したので場所は確保することができた。
4年前、後藤式デフのD51を撮った時よりも撮影者が多い。

 撮影まで6時間。通過列車を撮って構図やピント調整する。
撮影時刻が迫ると、シャッターポイントの線路周辺が上方の
枝葉で光が遮られてしまう。これでは、罐がつぶれてしまう。
陽射しが当たる手前の方にシャッターポイントを変更した。
2台のカメラの焦点距離は、236ミリと150ミリに設定。
近くで撮影していた方と陰らないポイントを確認し合う。
この画角なら、C6120のナンバープレートも煌くはずだ。

 失敗できない貴重な撮影で捉えた一枚。
幸いにも、主役のC6120は力強く煙を上げてくれた。
C6120×非電化×煙×新緑×人気の荻野・利田踏切。
これで、お気に入りの荻野・利田踏切☆C57180とD51498
(後藤式デフ)に、C6120が仲間入りできた

 C6120、カッコいい! 感動をありがとう!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
クリックお願いします♪

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamamura225.blog.fc2.com/tb.php/633-5c0369e6

 | HOME |