感動の蒸気機関車 Photo Blog

蒸気機関車と写真雑記のフォトブログ

2017.02.16.Thu

自己流写真語録♪ #15

 #15 見ようとして、見ること

 「急いては事を仕損じる」「慌てる乞食は貰いが少ない」
人間の欲深さを見透かされて反感を買い、かえって損してしまう。
いくらスピード時代とはいえ、ただ突き進むだけでは駄目だ。

 写真を撮る時も、この諺が当てはまると思っている。
鉄道写真は、同じ列車を車や列車で追いかけて撮ることが多い。
時間に余裕がないと、ただ撮っただけで以前と殆ど変わらない
写真になることも多い。これでは新鮮味も手応えも得られない。
自戒を込めて、撮影は欲張らずに時間に余裕をもって臨みたい。

 前述と関連して最近、痛感していることがある。それは、
「人間は目の前のものを見ているようで、見ていない」こと。
例えば、電車内で向かい側に座っている6人の乗客を観察すると、
その殆どがスマホに没頭しているか読書か居眠りをしている。
6人がどんな靴を履いているか?マスクをしている人は何人?
どんなバッグ?男女の割合等、気にかける人はいないと思う。
しかし、そんな他愛のないことを気にかけると(意識すると)、
たくさんのことが見えてくる。靴、マスク、バッグ、男女の割合
等の情報が得られるのは、それを意識した(見ようとした)から。

 写真を撮る時も、同じことだと思っている。
「写真は自分が撮ることで初めて見える世界を表現すること」(※)
それは、自分ならではのオンリーワンの写真(作品)を得る近道。
「誰でも撮るような写真を撮る時と、自分ならでは写真を撮る時」
その見極めも、現地の状況をよく観察しなければと思っている。

 どうせ撮るなら、自他共に心が躍る写真(作品)をものにしたい。

(※)時間に余裕がないと、視野が狭くなり見逃すことも多い。


にほんブログ村/鉄道ブログ SL・蒸気機関車☆クリックお願いします♪

photopolicy_15.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamamura225.blog.fc2.com/tb.php/764-763233a2

 | HOME |