感動の蒸気機関車 Photo Blog

◆公募写真展「ことしのさくら」☆鉄道写真を一点出展しております。 会期:5/30(火)~6/4(日)12:00~19:00(最終日16時迄) 場所:Roonee 247 Fine Arts [Room2] 中央区日本橋小伝馬町17-9 さとうビルB館4F TEL:03-6661-2276 ぜひ、ご覧ください。

2017.05.04.Thu

自己流写真語録♪ #16 FINAL

 #16 エピローグ~次のステップに向けて

  自分の写真活動に対する自戒と指針にもなるように綴ってきた
「自己流写真語録♪」は、今回で終了することになりました。
34ヶ月間で15テーマを書き留めてきましたが、僅かでも参考になった
のであれば嬉しく思います。

 さて、ネット(ブログ)の他にギャラリーで写真展(個展等)を開催
してきましたが、次のステップとして「写真」の他に「言葉」を交えた
写真展(個展)の開催を模索しています。
「自己流写真語録♪」は、次の個展のモノローグ、ウオーミングアップ
のような意味合いになるかと思っています。

 「撮影者だけでなく、観る者をも感動の世界へと引き込む力をもつ
写真を写す」をモットーに、それを「伝える楽しさ」をマイぺースで
進めていきます。ご期待ください


にほんブログ村/鉄道ブログ SL・蒸気機関車☆クリックお願いします♪

photopolicy_16.jpg
2017.04.29.Sat

日々雑感+++20170429

 2017年☆春の大型連休

 2017年春の大型連休が始まりました。
毎年のことですが、混雑、割高を避けたいので遠出しません。
出かけるといっても、関東圏内での日帰り活動になるでしょう。
まずは、恒例のお墓参りと息子がリクエストした映画鑑賞の同伴。
「蒸気機関車」を撮りに行くとしたら、秩父、真岡、上越辺りかと。
そんなに欲深く出撃しても出費と疲労が増すだけになりがちなので、
前日の気分で行くか否かを決める感じでいいと思っています。

 この機会に未読の写真関連の本があるので、読書も良いかも。
大型連休は充電期間。気ままにのんびりと過ごします


にほんブログ村/鉄道ブログ SL・蒸気機関車☆クリックお願いします♪

170429.jpg
2017.04.25.Tue

桜の磐西☆SLばんえつ物語♪

170425.jpg
桜の磐西SL撮影行 2017/04/22,23

 4/22,23、磐越西線「SLばんえつ物語」を撮影してきました。
週末切符を使って上野から普通列車を乗り継いで郡山、会津若松へ。

 会津若松から山都へ。往路は、一の戸橋梁を俯瞰撮影。
撮影30分程前、中国or韓国人?の鉄道撮影ツアー団体の大型バスが
橋梁の下に駐車する。構図は台無し。(午後に喜多方慶徳でも遭遇)
仕方なく場所を変えて、三脚なし手持ちでの撮影になってしまいました。
 
 復路は、喜多方・慶徳のパナソニック周辺で桜花を背景に撮影。
沿線の多くの場所で桜は見頃となり、たくさんのカメラマンで賑わって
いました。

 翌日の往路は、尾登駅進入シーンを桜と絡めての撮影。
長時間、待機していましたが、残念ながら煙に恵まれずに惜敗。
今年も桜の撮影は良い成果が得られませんでした(苦笑)

 P.S.
「桜×蒸気機関車」の撮影は、難しいです。
場所の選定と煙の有無、表情で撮影の成否が決まってしまいます。
まぁ、来年以降に期待しましょう。


にほんブログ村/鉄道ブログ SL・蒸気機関車☆クリックお願いします♪

170425_2.jpg
磐越西線「SLばんえつ物語」 2017/04/22 Canon EOS 5D Mark IV 
2017.04.18.Tue

咲花の桜 #081

oneshot_081.jpg
磐越西線 咲花 「SLばんえつ物語」 2010/04/25 PENTAX K-7

 2010年4月、「SLばんえつ物語」と桜の絵を求めて磐越西線へ。
この日は、沿線で一番人気のポイントである咲花で撮ることにした。
ところが朝寝坊してしまい、やむなく新潟駅からタクシーで咲花へ。
朝7時半過ぎに咲花の撮影地に到着して、なんとか場所を確保した。
今まで混雑して敬遠していただけに、どうしても撮りたかった。

 線路のこちら側も、向かい側もカメラマンで大盛況だった。
貴婦人の発車直後は、煙が薄くて縦位置で写したカットは撃沈。
横位置で撮ったこのカットは、構図や光線状態が最適ではないが、
それなりの桜の絵が撮れた。当時、前日から置き三脚してベスト
ポイントで臨めば、もっといい写真が撮れたかもしれないと思った。

 あれから7年後。当時の自分に伝えたいこと・・・。
「そんなに焦らないで周りをよく見てごらん!」「工夫すれば、きっと
自分ならではのいい写真が撮れるよ!」と言ってあげたい。

 今年の「SLばんえつ物語」は、どんな感動を魅せてくれるのか?


にほんブログ村/鉄道ブログ SL・蒸気機関車☆クリックお願いします♪

« NEW  | HOME |  OLD »